レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平清盛 第26回 平治の乱

『平治の乱』

内容
信西(阿部サダヲ)に不満を抱く藤原信頼(塚地武雅)と義朝(玉木宏)は結託。
信頼らが、後白河上皇(松田翔太)二条帝(冨浦智嗣)を内裏に幽閉後、
義朝の軍は、信西の館・三条殿に火を放ち、攻め込んでいく。

わずかに早く脱出した信西は、難を逃れたが、
頼りの清盛(松山ケンイチ)は、熊野詣での最中であった。

信西の危機を知った清盛は、義朝の挙兵を嘆き、即座に京へとって返すのだった。
「義朝に、信西殿を殺させてはならぬ。
 これ以上取りかえしのつかぬ事をさせてはならぬ」と。

一方、山城の山中に逃れた信西は、穴を掘るように師光(加藤虎ノ介)らに命じ、
他の者たちに逃げるようにと告げていた。
穴に身を潜めた信西は、師光に“西光”と法名を与え、
最後まで見届けるようにと。。。。

やがて内裏を乗っ取った信頼は、義朝らに褒美を与えはじめる。
また東国より到着した義朝の子・義平(波岡一喜)は、清盛を迎え撃たんと画策。
そのウワサにより、清盛は京へ入ることが出来なくなってしまう。


敬称略



まあ、こう言うことになってしまうのではないかと、
少し不安を感じていたが、。。。。。。仕方ないかな。

乱の始まりですし。


たしかに、ドラマとしては、回想を交えるなどして

“主人公”清盛と、信西の関わりを描いているのは悪くない。

まさにドラマらしい演出だと言えるだろう。

やはりドラマが展開するにあたって、“背景”というモノは大切であり

連ドラにとって、ドラマの根幹であると言って良いモノであるからだ。

個人的には、良い盛り上がりになっていると、
かなり好意的に見て取っているが。。。。。。


が。。。。。これを言っちゃオシマイなのだが、あえて書いておく。

適切な演出で、物語を盛り上げようとしているのは理解する。

だが、今作は、“それ以外のムダ”を描きすぎているため、
回想を無理矢理にかき集めている印象も、少なからず存在するのである。

これを感じた瞬間、無駄の多さが、、、、もったいなかったなぁ。。。。。と。

頭の中はそればかり。


ホントは、もっと盛り上げることが出来たハズなんですけどね。

楽天ブログ版
第26回
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平清盛 第26回「平治の乱」~信西の首と平安ヤンキー「我が名は鎌倉悪源太」

『平清盛』第26回「平治の乱」 「平治の乱」「信西自刀」、それなりに盛り上がるはずなのに、どうしてこうもメリハリの無い展開になるのかなぁ?? 平清盛(松山ケンイチ)vs 源義朝(玉木宏)の”一騎打ち”に至る次週『宿命の対決』への、”つなぎエピソード”に?...
[続きを読む]

世事熟視~コソダチP | 2012年07月02日(Mon) 13:11


大河ドラマ 「平清盛」 #26 平治の乱

ついに平治の乱。 平氏対源氏、宿命の対決! きっかけは信西。清盛は熊野詣で留守…。
[続きを読む]

雨ニモマケズ 風ニモマケズ | 2012年07月01日(Sun) 21:15


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。