レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平清盛 第23回 叔父を斬る

『叔父を斬る』

内容
戦いの終結。
信西(阿部サダヲ)が下した忠正(豊原功補)為義(小日向文世)への処分は、
斬首だった。
“従わぬなら官位を剥奪する”
清盛(松山ケンイチ)義朝(玉木宏)らの命乞いなども、
信西に訴えが通るわけがなかった。

清盛は、その処断について忠正に伝えたところ。
「承知した。ワシが恐れておるのは己が平氏の災いとなることじゃ。
 お前が斬れ」

一方、為義もまた、義朝に伝えていた
「我が首をはねよ。源氏の棟梁のその太刀で。源氏の栄華へと続く道じゃ」

それからまもなくして、それぞれの刑が執行される。


やがて、後白河帝(松田翔太)による勝利の宴が開かれ、招かれる清盛。
帝たちの態度に絶望的なモノを感じる清盛。
宴が終わり、信西が、語りかける。
「全ての重き荷を背負うて、この国の宝となるじゃ。
 この信西、知力を持ってそなたを支えてみせる。清盛。共に世を変えようぞ」

敬称略



一門のため。。。。

苦渋の決断を下し、涙を浮かべ実行する主人公2人

である。



ドラマとしては、良い感じだったと思います。

やはり、主人公の苦悩、葛藤などを描き、
その周りの人たちを基本的に描いてこそ、「ドラマ」である。


たしかに、主人公より遠く離れた人の物語を描いても、間違いではない。

だが、離れれば離れるほど、
その物語にオモシロ味はあっても、今作的には不必要になっていくのだ。


視聴者が期待するのは、あくまでも主人公の物語。

それを逸脱した結果が、
前回、関西地方で記録された“一ケタ数字”だったのは明らかである。
きっと裏番組のせい。。。としたいだろうが、そうではない。

たとえドラマが面白くても、視聴者の期待を裏切っては意味がない。

これもまた、
ドラマ自体が面白くないのと同じで“期待外れ”なのは、言うまでも無い。



個人的には、かなり面白くなっている。。。と思っています。

良い感じで盛り上がってきていると。

あとは、“次の乱”だなぁ。。。。。ってね。


だからこそ書いておく。

ここからは、主人公2人を中心に据えた物語を、どこまでも丁寧に描いて欲しい。

そうすれば、

もしかしたら、、、評判を呼んで。。。。。



楽天ブログ版
第23回 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平清盛「叔父を斬る」

 前半はゆっくりと進む。  画面を二つに割って両家で斬首! と思わせておいて、清盛は果たしたが、義朝はできず泣き叫ぶばかり。しかも斬首する相手にもののしられてしまう。清盛のほうは「切ってくれ」とお願いされているのに。この対比を描くためのテンポ。  関西で?...
[続きを読む]

blog mr | 2012年06月15日(Fri) 07:14


大河ドラマ 「平清盛」 #23 叔父を斬る

薬子の変以来の死刑執行に戸惑う清盛。
[続きを読む]

雨ニモマケズ 風ニモマケズ | 2012年06月10日(Sun) 20:58


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。