レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第60回

内容
弓子(馬渕英俚可)の手術も終わり、順調に回復し退院の日を迎える。。
梅子(堀北真希)に感謝を告げ去って行く弓子。
狭山(石井正則)は、梅子を褒め、内科医に向いているかも知れないと告げる。

そして、、、、梅子の1年に及ぶインターン生活が終了。

敬称略


以上5分


あとは、必要かどうか分からないネタと。

梅子の次の展開のために、世良公則さんが登場。


それくらいか。

あ!
そういえば、アッサリと合格しちゃいましたね。

こう言うところだよなぁ。。。

ドラマとしては、当たり前のこと。
今作としても、医者にならなきゃ始まらないだろうから、

これはこれで良いと思いますが。


なんていうか、この“アッサリ”だよね。

たしかに勉強している姿は描いてますけど、

結局、努力をせずに、成長もせずに、合格ですからね。

そのうえ、“わたし人が好きなんです”って、
あまりに唐突すぎる告白に、驚いてしまいました。

好きだったんだ。。。。(苦笑)


ってか、そういうのも描いて欲しかったモノだ。






楽天ブログ版は、こちら


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

梅ちゃん先生「恋の後始末」

 なんとなく、このシリーズになじんできた様な気がする。  ちょっと分析してみると、梅子が年齢を重ねて、単なるボケでなくなったことがあるのではないか。  昔、『逆境ナイン』のときに書いたが、堀北真希は「ボケ」が苦手だと思っている。今週は松岡との関係が描か?...
[続きを読む]

blog mr | 2012年06月10日(Sun) 05:07


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。