レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第50回


内容
インターン先として
父・建造(高橋克実)の帝都大学附属病院を受けることになった梅子(堀北真希)
が。。。、面接官のひとりが父・建造で、
緊張のあまり志望理由を“いい先生”“日替わり定食”と。。。口走ってしまう。
なんとか誤魔化そうとした梅子だが、
「ここにしかいない先生がいる」と。。。。。


敬称略



ってことで、

ほとんど印象に残らない医専時代が終了である。

ほんと、印象に残ってない。

実際、描き込んだという印象もありませんしね。

これが最大の問題だよなぁ。。。。。


日替わり定食は、ともかくとして。
試験自体は、それなりに綺麗にまとまりましたし。

それ自体は、悪くなかったと思います。


ただ、先ほどの“描き込み問題”。。。。これが。ほんとに痛い。

主人公が医者になると言う話を描くなら、その部分を中心にすれば良いのに

割合としては、“それ以外”が8割以上を占めるのが今作。
おかげで。。。。。散々な印象しか無い。


そのうえ、今回の後半始まったインターン部分のキャスティング。

これまた、、、、痛い。

この部分を見ただけで、
インターン編を描き込まないことが、良く分かります。

ここだよなぁ。。。。

せめて期待させてくれていれば良いモノを、一部だけだからね。


結局、今までと同じ調子で

梅子が医者になる話“以外”が、8割以上を占めることになるのだろうね。





楽天ブログ版は、こちら


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【梅ちゃん先生】第50回

梅子たちはついに医専卒業の時を迎えた。 それぞれインターン先に向かうC班のメンバーとのお別れ。 そして、梅子は帝都大で意外な人物と再会する。 「梅ちゃん先生」第50話       ※Twitter...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年05月29日(Tue) 17:04


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。