レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第39回

内容
江美(白鳥久美子)に裏切られ、
雪子(黒川智花)から、恋愛について指摘された弥生(徳永えり)は、
教室を飛び出していき。。。。。
心配して追いかける梅子(堀北真希)

「私、恋愛なんか出来ないの」



敬称略



友人の相談に乗る主人公

まさに、朝ドラである。


王道のハズなのに、イマイチ盛り上がらないのは

俳優。。。ではなく、そのキャラクターに魅力を感じにくいからだろうね。

決して、魅力が無いわけでは無い。

ただ、いままで、ほとんど表現されてこなかったと言うことだ。


実際、今回にしても

主人公の話は、、、6割弱。あとは、、、、兄姉である。

今までにしても、同じ。

ほとんど描かれていない《回》だってあったのだ。

どういうキャラかが、曖昧なため、どうもスッキリしない。


たとえば。今回。

朝ドラの主人公だから、相談に乗っている。。。と脳内補完しているので

なんとなく、納得しているが。

冷静になると、、違う。

梅子って、そういうキャラだった???という気持ちの方が強い。




明らかに無駄で、無意味だったナレーションが
ナレーションらしくなってきて、ドラマらしくなるかと思ったら、

ドラマが盛り上がっていないという、残念な状態。


今までほど悪いとは思わないが、

決して、良いとも思えない状態である。


アッサリ過ぎて、ドラマチックに見えない演出も問題があるのだろうけどね。


楽天ブログ版は、こちら

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【梅ちゃん先生】第39回

「アンチ恋愛同盟」を作ろうとした弥生は雪子から恋愛できない事を指摘され、 実験室で1人アルコールを飲もうとして梅子に発見される。 弥生の意外なコンプレックスに初めて触れる梅子。 「梅ちゃん...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年05月17日(Thu) 01:29


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。