レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一度君に、プロポーズ 第3話


『優しさの痛み』

内容
記憶を失い、様々な戸惑いを感じる中、
図書館を辞めようと考えた可南子(和久井映見)だったが、
波留(竹野内豊)は、それを押しとどめる。
「もったいないと思うけどな。好きだろ、図書館の仕事」

そして「絶対に生き返らせてやる」と、
波留は、可南子との思い出の車の修理をはじめる。
と同時に、波留は、可南子がしていた仕事の多さを感じるとともに、
いない寂しさ、、、そして大きさを感じていた。

一方、再び図書館で働きはじめた可南子だったが、無くした記憶は大きく、苦戦。
大橋館長(杉本哲太)後輩・佐伯美奈(橋本真実)橘雅斗(入江甚儀)らの
協力を得ながら仕事を続けていた。
「無理しないで下さいね」
大橋は優しく声をかけてくれるが、悩みは多く。。。

そんななか、桂(倉科カナ)の勧めで、波留は可南子をデートに誘う。
これで少しは、、、、と、考える波留だった。、

だが可南子の弟・裕樹(山本裕典)が、帰宅途中に
波留が同僚たちと飲み歩いているのを見て、憤りを感じはじめる。

そして約束の日。可南子の家にやって来た波留は、
義母・万里子(真野響子)の応援もあり、映画に行こうとするが、
そこへ、波留の父・太助(小野寺昭)から“ツバメがきた”というメールが入り、
ふたりは、太助のもとへと向かう。。。。。


敬称略


かなり大雑把な感想になるが。

“なんとなく、分かった気がします”

という可南子のセリフではないが、
今作が、描こうとしているコト、、、そして、描き方が、

なんとなく、分かった気がします。


実際、初回を見た限りでは、

そういう方向性を感じつつも、いくつかのネタを盛り込んでいるため、

“また”ワケが分からないほど崩壊させる物語を見せつけられるのか?

と思っていたのだ。
悪くなる要素もあるけど、
良い部分もあるのだから、それを上手く利用してくれれば良いのに。。。と。


今回を見て、その不安が、わずかに解消された気がします。


楽天ブログ版
第3話 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。