レベル999のFC2部屋

梅ちゃん先生 第23回


内容
闇市の摘発に巻き込まれたあかね(宇野実彩子)を見つけた梅子(堀北真希)
助けようとしたところ、梅子まで警察へと連れて行かれてしまう。
医専の生徒だと言っても聞いてくれず、困り果てていると
弥生(徳永えり)が父・健造(高橋克実)を連れてやって来てくれる。
「困ったことがあったら、どうしてお父さんを呼ばないんだ」
父の言葉にホッとする梅子は、その優しさに喜びを感じるのだった。

そんななか、幸吉(片岡鶴太郎)が、のど自慢へと出場することになるのだが、
なぜか信郎(松坂桃李)は、浮かない顔で。。。。

敬称略


あかねの話で広げるかと思ったら、、次の瞬間には、のど自慢!?

で、信郎、竹夫。。。松子と次々と。。。。(苦笑)


『梅ちゃん先生』っていうタイトルからすれば、

梅子が主人公として描かれ、
梅子が先生となる姿が描かれるはずだ。

だが、気がつくと、ホントにどうでも良いような話ばかりで。

中途半端にネタフリまでしている。


俳優さん自体はキライじゃないし、好きな方だけど、

見たいのはそれじゃ無い!!

梅子が医者になる物語を描いてくれ!!!!!!



楽天ブログ版は、こちら 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【梅ちゃん先生】第23回

信郎は、父が作って横流しされたライターを市場で発見。 売主にケンカを吹っ掛けるが逆にやられてしまう。 偶然、竹夫の所に来ていた梅子は信郎を家に連れて帰る。 「梅ちゃん先生」第23話    ...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年04月27日(Fri) 14:00