レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第20回


内容
医専に合格した梅子(堀北真希)
入試で隣だった沢田弥生(徳永えり)仕切り屋の須藤雪子(黒川智花)
瀬川典子(西原亜希)そして無口な園田江美(白鳥久美子)と同じ班になる。
が、先輩のイタズラで、ケンカになってしまい。。。。

一方、松子(ミムラ)は、中堅商社の事務員として働きはじめていた。

そんななか制服の申込期限が迫り。
金額が高く、梅子は困っていたのだが。。。。

敬称略


テンポが良いというレベルを超えている今作。

合格したと思ったら、
制服ネタを入れてきて、、、、良い調子だ。。と思っていたら。

今度は、イタズラ、ケンカ。。。と盛りだくさん!

制服は???

そんな気持ちになっていたところ、今度は、松子!?

なんだそれ!

が、次の瞬間には、制服問題もアッサリ終了し、再び先輩。


詰め込み過ぎ。盛りだくさん。

だと言えば、少なからず、丁寧さ。。。と言う意味も含まれ、
良い意味でも使いますが。

今作は違う。

テンポが良い。。。よりも、薄っぺらで、次々と展開。

この調子だと、
1ヶ月もしないうちに、医専を卒業し、医者になっていそうな印象だ。

まあ、

あくまでも『梅ちゃん先生』というタイトルからすると

《先生》であることを描かなきゃならないから、
そこそこテンポ良く。。。なのも理解します。

ただここまで、ネタを入れる必要。。。ないんハズなんですよね。

だって、
内容が無くて、ただ物語が展開していくだけなら、何の印象も残らないし、
登場人物ひとつとっても、
今後、なんらかの利用をしようと思っても、薄すぎて違和感が生まれます。

もう気持ち丁寧に描いて欲しいなぁ。

ここまで、中途半端だったんだから!
編集次第でどうにでもなるだろうに。



楽天ブログ版は、こちら 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【梅ちゃん先生】第20回

城南女子医専で何とか勉強を続ける梅子だったが、制服の事は今だ言い出せず。 締め切りは迫っていた。 C班は何かと人間関係の揉め事も多く、頭を悩ませる梅子。 「梅ちゃん先生」第20話     ...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年04月24日(Tue) 14:09


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。