レベル999のFC2部屋

カエルの王女さま 第2話

『新しい私へ!浪漫飛行』

内容
ひょんな事から、由芽市の“シャンソンズ”のコーチとなった澪(天海祐希)
いきなり、メンバーの忠子(石田ゆり子)たちを集めて、
“ショークワイア”をやると宣言する。
だが、コーラスをやるのに踊りは要らないと猛反対する忠子。
すると、歌で決めようと澪は提案する。

翌日、忠子は、みぞれ(大島蓉子)玉子(菊地美香)と“春が来た”を披露。
すると澪は、玲奈(片瀬那奈)南(福原美穂)とともに“浪漫飛行”で対抗。
盛り上がりから、結果は明らかだった。

その翌日。来週開かれる商店街の桜祭りで、披露すると告げる澪。
発声練習だけでなく、ランニングで体力作り。。。と。。
いままでの“シャンソンズ”とは、まったく違う練習の数々。
忠子は「伝統と品位を守るべき」と澪に訴えるが、
「伝統と品位にこだわりすぎた」ことが、今の体たらくに繋がったと澪は断言。
分かっていたこととは言え、我慢できずに飛び出していく忠子。

「やる気の無い人は、いなくて結構」という澪だったが、
シャンソンズの中心だった忠子の脱落に、
みぞれ、まひる(大島優子)忍(千葉雄大)たちは不安を覚えはじめる。

すると忍が、澪のもとへと向かい、メンバーに入れたい人がいると告げる。
それは同じ工場で働く、乾一希(玉山鉄二)
以前バンドのボーカルをしていたらしいが。。。。。失敗。

忠子のいないまま練習は再開される。
不満げなメンバーだったが、澪の練習に効果があると分かると、
徐々にやる気になっていくのだった。

一方の忠子。
父で市長の清忠(岸部一徳)は、後援会の集まりに忠子に出席するよう命じる。
夫・哲郎(小泉孝太郎)も、何とか盛り上げようと躍起になるのだが、
その日は、桜祭りと同じ日だった。
清忠は、桜祭りにシャンソンズが出ると知り、
出演できないようにしろと哲郎に命じ、、、、


敬称略



お話自体は、

新生シャンソンズ。。。。その第一歩である。

中心メンバーの忠子の脱落。。。。


まあ、定番ですね。


とはいえ。
前回ほど、澪の過去をアレコレ描いたりしなかったため、


ドラマとして、かなりシンプルになり、

シャンソンズ復活というテーマで、シッカリ描ききった感じだ。


こう言っちゃ何だけど、
ホントは、こういう展開を、ベタだけど期待していた部分があるわけで。

期待とのズレが無くなった時点で、満足度は高くなる。

そういうことだ。


それにしても、靴のエピソードは、良いですね。

ちょっとしたことだけど、
今作らしさ、、、そして澪らしさがここにあるのだろうね。


楽天ブログ版
第2話 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カエルの王女さま #2

 ベタ、つか、わかりやすい展開だよなぁ。  澪がひそかにみんなの靴を直してるところとか。  いや、好きだけど。  この話にはこのベタさは必要だと思う。  終盤で、「え?」っていうところが見たいとは思うけど。  今週も澪と忠子のバトル。楽しいぜ。  怒ってホッ...
[続きを読む]

blog mr | 2012年04月22日(Sun) 18:37


「カエルの王女さま」第2話の感想 松田聖子・ケツメイシ・米米CLUB

「カエルの王女さま」第2話、今シーズンは秀作が多いので埋もれてしまいそうなこちら。 メンバーがすぐに団結してショークワイヤに打ち込んではドラマにならないので、 伝統にこだわって改革に抵抗する...
[続きを読む]

今日も何かあたらしいドラマ | 2012年04月20日(Fri) 12:18


【カエルの王女さま】第2話

あなたは伝統を言い訳にして逃げてるだけ。 あなた、何が楽しくて生きてるの? 踏み出すのが怖いだけでしょ? 「カエルの王女さま」第2話     簡単感想のみで。 「シャンソンズ」の...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年04月20日(Fri) 00:04