レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第16回


内容
医専を受けることを父・健造(高橋克実)らに告白した梅子(堀北真希)
呆れられながらも、梅子は、孤独に勉強を続けていた。

そして理科の勉強を見てもらおうと兄・竹夫(小出恵介)のもとへ向かうと、
陽造(鶴見辰吾)と一緒に仕事をしていた。
梅子は、そこで竹夫も苦労していることを知る。、

一方、姉・松子(ミムラ)は、仕事を見つけてきて、
家族の許しをアッサリ得てしまう。
梅子は、自分と松子の差を目の当たりに。。。。

そんなおり、母・芳子(南果歩)は、街で竹夫と再会。

敬称略




序盤の5~6分で、どれだけナレーションを入れれば気が済むんだよ(苦笑)

朗読会じゃ無いんだから!!

そのうえ、その後も、ナレーションが続き。。。。


今作は

ドラマにとって重要な、物語を紡いでいく俳優さんのセリフよりも、

補足のためのナレーションの方が、無駄に多い作品である。


丁寧、濃密。。。といえば、聞こえは良いが、
逆に、主人公たちの物語が描かれていないと言う事も出来る。


先週までに比べれば、ドラマらしくなってきているから、

我慢は出来るが、面白いかどうかと言えば、それは別の話である。


結局、ナレーションばかりが耳に残り、
ほとんど、内容が頭に残っていない状態。

楽天ブログ版は、こちら 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【梅ちゃん先生】第16回

医専に入りたいと家族に発表したものの、家族一団で応援する雰囲気とはかけ離れた下村家。 そんな中、松子が勤めると言いだし、父の許可もアッサリと得てさっさと合格してしまう。 またもや置いてけぼり感...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年04月19日(Thu) 17:34


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。