レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第13回


『やるなら、やらねば』

内容
父・健造(高橋克実)の仕事ぶりを見て梅子(堀北真希)は、
おぼろげながら、“医者になる”という夢を抱きはじめ、

その事を口にするのだが、健造はダメだという。
とはいえ、母・芳子(南果歩)姉・松子(ミムラ)は、唖然とし
健造からは“何一つやり遂げたことがない”と指摘され、ショックを受ける梅子。

その後、松子は、自分が余計なことを言ったからじゃと
「思いつきでは?」と問われてしまうと、梅子は言い返せなかった。

翌朝、自分でも良く分からなくなってきた梅子だったが、
ご近所の三上康子(岩崎ひろみ)と再会し、その言葉で決意する。
自分の出来ることを。。。。。
そして節子先生(中村ゆり)から、色々教えてもらい。。。。。

敬称略


登場人物たちが指摘するまでもなく、
イマイチ、主人公が見えない状態の今作。

ようやく、自分の意志を口にして、動き始め、
そのうえ新キャラも投入で、やっとドラマらしくなってきた感じだ。


現在放送中の《大河ドラマ》も同じジレンマを抱えているが、

やはり、主人公が見えなければ、
そのドラマは視聴者の期待から大きく外れていて
全く面白くない!!

と言いきっても過言では無いのである。

今作も同じ。
状況説明などを2週間ほど行い、
それなりに、主人公も表現してきたが中途半端。

どこにも楽しめる要素は無い。

一部だけ取り上げてベタだと感じても、
それ以外が散々では、何の意味も無いのだ。

そしてそんなモヤモヤに拍車をかけてくる、どうでも良いナレーション。

そら、面白くなくて当然である。


とはいえ、ナレーションのことは、ともかくとして。

ドラマとしては、主人公を中心に徐々に動き始めているので
それなりに楽しめるようになってきている。

まあ。。。。これから。。。。と期待したいところだ。


楽天ブログ版は、こちら 



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【梅ちゃん先生】第13回

梅子は医学を学びたい気持ちを家族に告げるが誰一人賛成も応援もしてくれない。 なぜ自分ではダメなのかと思い悩む梅子に兄、竹夫は参考書を貸してくれるのだった。 「梅ちゃん先生」第13話    ...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年04月16日(Mon) 17:07


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。