レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅ちゃん先生 第5回

内容
婚約者・智司(成宮寛貴)から葉書が届き、大喜びで帰宅する松子(ミムラ)。
しかし、家に帰ると父・健造(高橋克実)から、智司の戦死を知らされる。
竹夫(小出恵介)は、父・健造を責めるが。。。。

そんななか、ヒロシ(細田龍之介)が靴磨きをしていると
信朗(松坂桃李)に教えられる梅子(堀北真希)
ヒロシの変化に喜んだのもつかの間、ヒロシに泥棒の疑いがかけられ。。。。


敬称略


梅の花は春一番。
桜より先に咲いて希望を与える花だ。


今は亡き、、、姉の婚約者の言葉が、梅子に与えてくれた勇気。

梅子にとってヒロシへの行動は、成長の証。

そんななか、事件が!


まあ。。。そんなお話。


もちろん、
梅子が、、、“医師”を目指すきっかけになるお話なのだが、

微妙に穴はあるモノの
これまでの強引なネタフリやネタの数々に比べれば、

主人公の気持ちが見えて、ドラマらしくなってきた感じですね。


明日あたりから、本調子になっていくのだろうね。


楽天ブログ版は、こちら 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【梅ちゃん先生】第5回と【ブラックボード~時代と戦った教師たち~】第1夜感想ちょっと

智司が帰らぬ人となった事を知った松子は高熱で寝込む。 「智司を戦争に行かせた」と、父を責める竹夫。 そんな中、嬉しい事もある。 泥棒として出会った少年ひろしが働き始めた事を知った梅子は 素直に...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年04月06日(Fri) 16:45


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。