レベル999のFC2部屋

カーネーション 第134回


『宣言』

内容
糸子(夏木マリ)がデザインした服が完売したと
譲(川岡大次郎)栄之助(茂山逸平)が、高山守(藤間宇宙)を連れやって来る。
ふたりの友人で商社マンである高山からも、同じコトを言われ、
糸子のブランドの服を作らないかと勧められる。
3人の提案を認めながらも、糸子は提案を断るのだった。
オーダーメードをやって来た意地があると。。。。

敬称略



結局、こういうことだよね。

たとえ不自然に聞こえても、
演技と勢いで、ドラマで魅せてしまう。

無駄なナレを省くとはこういうことだ。


このほうが、
中途半端にナレーションしかしていなかった“女優・夏木マリ”を
見ることが出来ますし!

で、幕間の部分で、ナレを入れる。

主人公俳優の朗読会じゃないんだから、これくらいがちょうど良い感じ。

ほんとバランスが悪かったですからね!


1週間経って、ようやく楽しめた今回である。



楽天ブログ版は、こちら 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カーネーション】第134回

若い男子三人に囲まれて、新ブランドを立ち上げようと誘われる糸子。 プレタはやる気がないと断ったものの、悪い気はしない。 直子は「年寄りには無理」と言う。 そんな言葉を聞いて、身体のガタをつく...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年03月12日(Mon) 14:29