レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平清盛 第7回 光らない君

『光らない君』

内容
海賊討伐を終え、京へと凱旋した平氏一門。
清盛(松山ケンイチ)の活躍で兎丸(加藤浩次)ら海賊を懐柔することに成功。
だがその戦いで、清盛の乳父・盛康(佐戸井けん太)を失ってしまう。
そこで清盛は、鱸丸(上川隆也)を盛康の養子とし“盛国”を名乗らせることに。
また今回の活躍で忠盛(中井貴一)が公卿になると期待していた一門だったが、
鳥羽院(三上博史)の褒美は、。。。清盛への従四位下の位であった。

清盛は院に挨拶に訪れるのだが、忠実(國村隼)からの浴びせられる冷たい言葉。
武士は武士。。。。。
悶々とした気持ちで、盛国と帰ろうとしていたところ、
貴族の高階基章(平田満)とその娘・明子(加藤あい)と出会うのだった。
貴族とはいえ貧しく、つつましく暮らしていると知り驚きを隠せない清盛。
食事を馳走になる清盛が“無頼の高平太”と分かったこともあり基章は、
娘・明子を妻にと申し出てくる。

そのころ、鳥羽院を巡り得子(松雪泰子)と璋子(檀れい)の戦いが始まり。
一方で、佐藤義清(藤木直人)は、崇徳帝(井浦新)に呼ばれていた。
帝の苦悩を知る義清。。。。

同じ頃、明子は、琵琶の弟子で親友の時子(深田恭子)に相談していた。
そんな折、偶然にも清盛と再会することになる明子は、
清盛の海の話に心揺さぶられ。。。。。。惹かれていく。。。。

そして清盛は、義清に相談し歌を作ってもらうのだが。。。。

敬称略



微妙に清盛からの気持ちの描き方が弱いのだが、
ま。。。妙な演出も含めて、

雑だが、、、自分の想いを行動に移してきた清盛ということを考えれば

義清に歌の代作を頼んだ時点で、okでしょう。

そのあと、補足するように、想いをぶちまけていますしね

『俺のそばにおって欲しいと思った。
 俺の心に従い、そなたを妻にしたいと申しておるのじゃ!』


こうなってくると、歌の演出。。。成功したかどうかが微妙なのだ。

個人的には、オモシロ味はあったんだけどね。

歌を使った静かなる演出と清盛の想いが描かれた激しい演出。

直前の崇徳帝の歌まで絡めているのは理解するし、
ドラマとしてのメリハリはありますが、

もっと普通の方が良かったかもしれませんね。

なにせ、俳優さんが良い感じなのだから、
それを“利用”することを考えれば、普通のほうが良いと思いますけどね。

今回なんて、清盛が明子に想いを打ち明けた部分なんて、
その直後にある父・忠盛と清盛の会話とのギャップが大きすぎて、

逆に、浮いた印象になってしまっています。

そのあと、
ナレにより、平氏への波紋が語られていますが
そのシリアスさとは、逆の位置にあると言って良い歌の部分の演出ですからね。

基本的に、面白さはあっても、分かり難さもある今作。
もう少し一貫した演出で魅せた方が、。。。。。



楽天ブログ版
第7回 


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「平清盛」第7回 源氏妄想に浸る深田恭子さん

「平清盛」、視聴率は低いらしいけど、私にはどんどん面白くなっていくこのドラマ。 もうそろそろ、汚い清盛=松山ケンイチさんを脱皮して、すっきり爽やかになってほしい。 上京した上川隆也さんの方が...
[続きを読む]

今日も何かあたらしいドラマ | 2012年02月19日(Sun) 22:44


妻との出会いは ~平清盛・光らない君感想~

海賊を家来に入れた清盛たち。 さらに漁師の鱸丸も養子に迎え入れられ、盛国と名乗ることになる。 随分と唐突にストーリーが進められている気もするが。 正四位をもらった清盛。 貴族からすれば面白く...
[続きを読む]

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 | 2012年02月19日(Sun) 21:52


大河ドラマ 「平清盛」 #07 光らない君

光らない君って、光源氏とかけているんですかね。 あら、見所なんて…。 予告編ですか?
[続きを読む]

雨ニモマケズ 風ニモマケズ | 2012年02月19日(Sun) 21:32


大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男7清盛は明子に惹かれと時子は清盛を嫌うも明子に清盛は身分関係なく妻になる事を求め了承した

大河ドラマ「平清盛」第7話は海賊退治で棟梁の忠盛には念願の公卿に引き立てられなかったものの清盛には従四位下の位を授けられた。そんな清盛に結婚話が持ち上がる。清盛は屋敷 ...
[続きを読む]

オールマイティにコメンテート | 2012年02月19日(Sun) 21:11


【平清盛】第7回

海賊討伐をへて、清盛(松山ケンイチ)は従四位下の位を得て出世する。 そんなある日、清盛は下級貴族・高階基章(平田満)とその娘・明子(加藤あい)と出会う。 基章は、ひと目で清盛が気に入り、明子...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年02月19日(Sun) 19:55


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。