レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステップファザー・ステップ 第6話

『凶悪犯が家を全焼!?遂に母が!!』

内容
ある日、母子手帳を見つけた“俺”は、
双子の直(渋谷龍生)と哲(渋谷樹生)の誕生日が、すぐそこだと知ってしまう。
そこで礼子(小西真奈美)に相談すると、サプライズ誕生会を提案される。
ふたりは双子が寝静まってから、準備を始めるのだが。。。。

一方、双子は、誕生日を知らないだろうと、今年のプレゼントを諦めていた。

一方、ナオ(平山あや)は、柳瀬(伊東四朗)に命じられ
鮫山信司(岡田義徳)という男に詐欺を仕掛けていた。
上手くいったことを確信し、その事を柳瀬に報告するのだが、

実は、手帳などを忘れていたため、鮫山に正体がバレてしまっていた。
それから鮫山に付きまとわれ、脅されるナオ。
やがてナオは、宗野家に駆け込むのだった。
水道管が壊れマンションに帰れず、行きつけのホテルもダメで、
数日、、、泊まらせろと言う。
追い返そうとしても、いままで世話になったこともあって、
さすがに断ることも出来ず。。。。強引に居座られてしまう。

とはいえ、好き勝手にするナオに、
嫌気がさした双子は、礼子になんとかして欲しいと訴えるが、
結局、収まりがつかず、さすがの“俺”も静かにするようにと注意を与える。
そして「ホントはイイヤツなんだ」と“俺”は礼子に伝えるしかなかった。

そんななか、ナオと柳瀬が仕掛けた詐欺が失敗していると知り、
かなり危険な状態になっていると分かり、別の場所に泊まらせようとするが、
突然、ナオは、キレて誕生日をバラしてしまうばかりか、
“俺”と礼子をバカにした上で、
「親を信じる方がバカ」だと双子に言い放ってしまう。
叱りつける“俺”だったが、
そこに鮫山が現れ、“俺”とナオが夫婦と勘違いし。。。

そのうえ、妻・芳江(須藤理彩)に、
張り込みを浮気と誤解した脇坂(渡辺いっけい)が逃げ込んできて。。。。

敬称略



作品の出てくる登場人物のとんでも無さや、
事件の内容や、そのシリアスさは、、、横に置いておくとして。


やっていること自体は、

浮気をしていると誤解して、ドタバタと大騒ぎ!

という。。まさにホームドラマの王道ですね。
いままでで一番“ホームコメディ”という印象のお話だったと思います。


実際、今回のお話。
シチュエーションは、ほぼ家の中だけ。。。なんですよね。

こう言うところも、王道。


それを、ひと癖もふた癖もある登場人物たちを使い、
事件を生み出しつつ、最終的に良いお話。。。と。

かなり上手く作られたエピソードだったと思います。


難を言えば。

泥棒であることが、ほとんど意味がないという。

ほんとに普通のホームドラマになってしまっていることかな。

まあ。。。礼子も一緒になったから、
こういうカタチもアリなのかもしれませんが。。。。


楽天ブログ版
第6話 


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。