レベル999のFC2部屋

カーネーション 第105回


内容
直子(川崎亜沙美)が東京の優子(新山千春)のもとへ向かったのだが、
なぜか、セーラー服姿のままで、特に口をきこうとしない直子に、
優子も戸惑うしかなく。。。。

そんな事情を糸子(尾野真千子)は、優子からの手紙で知るしかなかった。

あるとき、糸子は、三浦(近藤正臣)から
上等な生地を扱う問屋を紹介される。
その事で頭がいっぱいで、聡子(安田美沙子)のテニスでの活躍には、
ほとんど気に止めることもなく。。。。
とりあえず北村(ほっしゃん。)と対策を練りはじめるのだが、
北村が提案したのは、
東京で流行っているという糸子が納得出来ないデザインで。。。。。

敬称略


個人的には、
今回くらいの描き方が、もっとも適切だと感じています。

3姉妹のそれぞれを描きながら、糸子も、、、とりあえず“知る”
それでいて、仕事に必死になり。。。

と言う感じだ。

ピアノ、ピアノと言っていたときと、カタチ自体は同じだが、
基本的に、子供たちのキャラなどが見えてこない状態よりは、

今のほうが、よっぽど“子育て奮闘記”である。

主人公を描くのは、確かに重要だが、子供たちも描かなくては意味がない。


いま現在の状態が、次の直子、聡子。。。そして優子に繋がるはずですから。




楽天ブログ版感想



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カーネーション】第105回

直子が東京に着き、優子と暮らし始めた。 東京での自分の立ち位置が見いだせなくてセーラー服を脱げない直子。 糸子は岸和田で新しい事に乗り出す。 「カーネーション」第105話      ※Twit...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年02月07日(Tue) 14:08