レベル999のFC2部屋

カーネーション 第102回

内容
昭和32年
聡子(村崎真彩)が部活のテニスから帰ってくると
2年前に東京へ行った東京から優子(新山千春)が帰ってきていた。
優子の近況を聞き、変化を感じる糸子(尾野真千子)

今までのような仕事をする糸子にも“誇りを”と注意する優子は、
“原口先生”の話ばかり。
そんな状態に千代(麻生祐未)は、心配するが。。。

そんななか、直子(川崎亜沙美)が画で賞を取ったと知り
優子は画家になることを勧める。。。。自分が店を継ぐからと。。。


敬称略


前回。。。と言っても良いのかどうかが微妙なのだが。

正確には“前カット”なのかもしれません。

優子が東京に。。と言っていたことである。

まさか、こんなところで、2年経過してくるとはね!(苦笑)

で、これで、あれでしょ。
明日か、次の月曜に“また”時間経過でしょう?


そうなのだ。
たった1週間で約10年も経過させようとしているのである。


一応、“時代の変化”は表現されているが、
あくまでも状況説明程度の表面的なことだけで、

予想通りというか、ま。。。。そういうことだ。

きっと聡子の“進路”が決まるまでは、
こんな調子で、足早に進んでいくのだろうね。。。。


完全に、“3月編”のための、“ネタフリ&繋ぎ”になっている今日この頃。




楽天ブログ版感想

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カーネーション】第102回

優子が東京の洋裁学校に行って2年。 すっかり垢抜けて言葉も変わっている優子に、直子は相変わらず敵意を見せる。 直子は絵の勉強に、聡子はテニスに、糸子は仕事に、みんな順調に進んでいる。 「...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年02月03日(Fri) 19:42