レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13歳のハローワーク 第3話


『スッチーvsナースのお仕事!?』

内容
タイムスリップにより、自分の人生をやり直そうと奮闘する鉄平(松岡昌宏)
そんななか未来の天敵である高野(古田新太)の若い頃の高野(横山裕)と
塾の講師をする翔子(桐谷美玲)の家で居候を始めるのだった。

そして。。。再び現在で、生活安全課の刑事として悶々とした日々を送る鉄平。
ある日のこと、佐藤美香、鈴木沙織、若槻葵(遊井亮子)のCA3人組と
合コンをすることに。
花形と思っていたが愚痴られ、いつのまにか眠り込んでしまう。
気がつくと、葵しかいなかった。冷静になって、、、、ふと思い出す。
中学時代の同級生だった!
「夢叶ったな」と鉄平が告げるが、何か様子がおかしい葵。
夢はかなったモノの満足はしていないようだった。

目が覚めると。。。。。横には翔子。。。また1990年にいた!
塾でテッペイ(田中偉登)若槻葵(工藤綾乃)らが勉強する姿を見ていた鉄平は、
無理にスチュワーデスにならなくて良いんじゃ?と告げる。
こだわる必要は無いのではと。

そんな折、塾長の唄子(風吹ジュン)から指令を受ける。
30年来のファン。。ミック・ジャガーが、ある病院に極秘入院しているという。
どうしても2人で写真が撮りたい!!
実は自信もファンである鉄平は、高野とともに、看護士見習いとして病院に潜入。
看護婦の岡田雅子や、若槻みのり(石田ひかり)婦長の指導で仕事を開始する。
やがて怪しい部屋を見つけるが、接触に失敗。
するとそこに、、、葵が現れる。
みのりの話では、“3K”の看護婦の仕事を毛嫌いしているようだった。

一方、バイトの塾講師では無く、就職活動を始めた翔子。
次々と内定をとっていき満足していた。
その様子を見て鉄平は、方向がバラバラだと告げ、
「お前はいったい、何になりたいんだ?」と尋ねる。
すると、、、女子アナ、、、と応える翔子に鉄平は、呆れかえるが。。。。

そんななか、病院で働き続ける鉄平は、
みのりの仕事っぷりに、凄さを感じ始めていた。
「良い仕事している人は、良い顔してる。」

が、、、そのみのりが、病院で倒れ。。。。

敬称略



「楽しいばかりの仕事なんかねえ。
 でもよ。つらいばかりの仕事ってのも、ねえんだぞ。」


母の仕事。。。看護婦を毛嫌いする1人の少女。

色々な仕事を見た鉄平は。。。。

って感じだ。



個人的には、今までで一番良かったかな。

主人公が病院で働く“理由”は、かなり強引ではあるが

今までのお話よりも

“職業”“仕事”という部分をシッカリと描いた印象ですね。

今までは、なにかと、金、金、金。。で
“仕事”について。。。

すなわち、、ドラマの根幹である“未来”について描いているかどうかが
かなり微妙だったんですよね。

そのため、
どれだけ鉄平が、アレコレと諭しても、
そこにあるのは“金”なのでは?と言う印象を拭い去ることが出来なかった。

ようやく

過去と未来が繋がり、“仕事”という部分がクローズアップされ、
ドラマとして、かなり良い出来になった感じがします。

無駄な小ネタも、かなりアッサリになったのも良いところですし。

まあ、、、、過去のことで未来が変わったのかどうかが
今まで以上に微妙だったんですけどね。

きっと、これが“ホントのところ”。。。。真相に近い部分なのでしょう。





楽天ブログ版
第3話 



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。