レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平清盛 第3回 源平の御曹司

『源平の御曹司』

内容
白河院が世を去り。鳥羽上皇(三上博史)が権力を握り始め、
白河院に代わり院政を敷き始める。

同じ頃、弟・平次(大東駿介)が元服し“家盛”となるが、
兄・清盛(松山ケンイチ)からは、月1度の文のみ。
父・忠盛(中井貴一)らに呆れられている。。。。そのころ。

清盛は瀬戸内の海で海賊と戦い、奪われた物を漁民に返すという活動をしていた。
鱸丸(上川隆也)らと“船の警固役”と、、、名乗っていたのだが。。。。。
ある日。賊と間違われ捕らえられてしまう。
呆れかえる父・忠盛らであったが、瀬戸内へと戻ることを許さず。
京へと留まるようにと清盛に命じるのだった。

そんななか忠盛は、鳥羽院に掛け合い清盛に“北面の武士”として
院の警固を負わせようとするのだが。
逆に、清盛の素性に疑念を抱く院から、清盛の忠義を問われてしまう。
だが院の側近・藤原家成(佐藤二朗)の取りなしで、許可される忠盛。

ただ忠盛が警固役について清盛に伝えても、当然のごとく拒否されるのだった。
“王家の犬にはなりたくない。媚びを売るつまらぬ武士になりたくない”と。
ひとりで生きていくと父・忠盛に伝えるのだった。

一方、わが子を“北面の武士”にと源為義(小日向文世)は、家成に訴え出るが
家成は、清盛にするつもりだと為義に告げる。
それを聞いた為義の子・義朝(玉木宏)は、清盛の前に現れその考えを失笑。
まったくワケが分からない清盛であったが。。。。。

そんなとき、清盛の馴染みの国松たちが貴族と問題を起こしてしまい、
清盛は、父・忠盛に責を負うと告げるのだが、
逆に忠盛から、清盛がしてきた“警固”の真相を知ってしまう。
村人のための賊退治だと思っていた行動が、実は違っていた。
その全てを収めるために忠盛たちが清盛を守っていたと知らされる。

「お前の知らぬところで、平氏一門がお前を守っておる」

敬称略



お話は。

元服をしても、身勝手な行動がなおらない清盛
自分なりに、自由に生き、、民のために行動をしていた。

つもりだった。。。。
だが“仲間”のトラブルで、全てを。。。そして自分の立場を知ってしまう

ま。。。そんなところか。


現代劇でもありそうな感じのネタである。

って、そういう分かり易さで描いているのでしょう。
無理してファンタジーするよりも、

シッカリと親子関係も描かれているし。
そこにある、、双方の苦悩も描かれている。もちろん一門の苦悩も。

その一方で、ライバル登場と。。。ライバルもシッカリ立っているし。

清盛の“転機”の1つと考えれば、
かなり真っ当な、、、普通の成長物語に仕上がっていますね。

『俺はどうしようも無い男じゃ。
 赤子のように守られているとも知らず。
 思い上がってひとりで生きておるつもりになって。
 俺は何も出来ない、つまらないヤツだ。
 平氏のもとにいなければ、のたれ死ぬしか無い弱き気野良犬なんじゃ。
 俺など要らぬ、要らぬ。』


なかなか、良かったと思います。


楽天ブログ版
第3回 



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/fc60f262e94b29ce48798bacd36dacc7
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平清盛第3話(1.22)

鳥羽上皇@三上博史と崇徳天皇@桑代貴明の間が冷ややかな中、 己の未熟を思い知った平清盛@松山ケンイチが北面の武士を拝命したという話 平氏が院に重んじられるのに焦りを隠せない源為義@小日向文世、 武者姿凛々しい義朝@玉木宏、源氏の親子の描き方がいいですな 一...
[続きを読む]

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) | 2012年01月24日(Tue) 01:13


上総御曹司 ~平清盛・源平の御曹司~

清盛は元服してからも、奇怪な服装で伊勢の海を暴れまわり、海賊退治・・・。 って、実際は12歳で従五位下左兵衛佐に叙任されていたから、その職に忙しかったと思うが・・・。 (これは二等官で、当時の武士...
[続きを読む]

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 | 2012年01月23日(Mon) 22:04


大河ドラマ 「平清盛」 #03 源平の御曹司

後々争うことになるこの二人。 とりあえずはいいライバルとして歩んで行くことでしょう。
[続きを読む]

雨ニモマケズ 風ニモマケズ | 2012年01月22日(Sun) 21:34


大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男3お前は平家に守られている!これからは武士が王家を守っていると知らしめる時代だ!清盛はその教えを痛感し武士として屈辱に塗れた

大河ドラマ「平清盛」第3話は清盛は西海で海賊退治をしていたものの、逆に海賊と間違われて捕まってしまう。身元がわかり釈放されるも、忠盛に北面の武士になるよう命じるも清盛 ...
[続きを読む]

オールマイティにコメンテート | 2012年01月22日(Sun) 20:55


【平清盛】第3回

清盛(松山ケンイチ)は、瀬戸内海で船の警護役と称し海賊と戦い、取り返した食物を 漁民に返すという無頼の日々を送っていた。 しかし、賊と間違われた清盛は捕らえられ、京に連れ戻されてしまう。 再...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年01月22日(Sun) 19:49


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。