レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネーション 第88回


内容
三浦(近藤正臣)に呼び出された糸子(尾野真千子)
北村(ほっしゃん。)に力を貸してやって欲しいという。
“レディーメード”
昔ながらの手法ではなく、大量生産の既製品の店を展開するために
その製造の協力をして欲しいと言う事だった。

いくつか服をデザインし、工場の者に教えるだけで売り上げの一割!
昌子(玄覺悠子)恵(六角精児)は、受けるべきだと勧めるが、
どうも、乗り気でない糸子。


そのころになると、子供たちに習い事をさせることで店は静か。
安心して仕事が出来る環境になっていたのだが、
それがもとで、ピアノを買って欲しいと言われてしまい、
困り果てた糸子は、組合を訪ね。。。。。。。

敬称略


次に繋がる物語としては、ちょうど良い感じ。

ま。。。。。周防も繋がっているけどね。


でもほんと。

“ごんた”を描いてくれなければ、楽しくないし、
仕事で強気な態度も魅せて欲しいし。

色々と見たいものがあるのが、今作の魅力。

このあとに“再び時間経過”をさせるのだから、
一部のネタだけで引っ張ることだけは、辞めてもらいたいところ。

朝からは、これくらいでちょうど良いです。



楽天ブログ版感想

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カーネーション】第88回

アメリカではオーダーメイドよりもレディメイド、既製服の方が主流になっている。 北村がやりたいという、その仕事を手伝ってほしいと言われる糸子。 組合には、糸子が「避ける者」周防は、もう居ないよう...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年01月18日(Wed) 19:31


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。