レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネーション 第86回


『揺れる心』

内容
昭和21年。奈津(栗山千明)が、
八重子(田丸麻紀)玉枝(濱田マリ)のもとを訪ねてくる。
久々に起き上がった玉枝は、“安岡美容室”を手伝わないかと奈津に提案。
「なあ、手伝おてえなぁ。奈ッちゃん。もう忘れて、先、行こ。」

糸子(尾野真千子)は、奈津の借金の保証人となり、
もちろん昌子(玄覺悠子)恵(六角精児)は、猛反対するが
「どないかなる!」
と、言って聞かない糸子。

やがて店にやってきた奈津に、祝言の時に助けてもらったと、
糸子は、一切、礼を言わせずに制服を作るのだった。

そして、だんじりの季節となり、直子(二宮星)が飛び出していく。。。。

敬称略


ほんと、、、人助けをし過ぎだよね(笑)


まさか、登場人物のセリフで、そんな言葉が飛び出してくるとは

思ってもみませんでした。


そこはともかく。

糸子と奈津の新しい始まりとしては、悪くない感じ。
出来れば、、、制服を作っているのだから、玉枝も混ぜて欲しかったけどね。

あれだけ壮絶な仲違いになってしまったんだから!

その部分だけは、少し残念ではあるが
想像することが出来ないわけでは無いので、これはこれでok。

苦しみを乗り越えていく様子は、良い感じで描かれていたと思います。



楽天ブログ版感想

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カーネーション】第86回

奈津が安岡家に、泰蔵と勘助の焼香に訪れた。 やっと床上げする安岡のおばちゃん。 「安岡髪結い店」は、「安岡美容室」になった。そこには奈津もいた。 長い氷結時代の過去を終えて、みんなが前へ進み...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012年01月16日(Mon) 14:41


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。