レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムAGE 第13話 宇宙要塞アンバット

『宇宙要塞アンバット』

内容
アンバットへ向け進路をとったディーヴァとエウバ・ザラム連合
そんなディーバにも、AGEシステムを使った新しい武器が装備された。
フリットたちもMSの整備に余念が無く、他の乗員も役割を果たし、
ついに決戦の時を迎える。

グルーデック「これは、人間の尊厳を守る戦いだ!」

MSが出発後、戦いの火蓋を切ったディーヴァは、強襲揚陸モードに移行。
フォトンブラスターの有効射程内へと突き進んでいくのだった。。。。


しかしUEの大量のMSに行く手を阻まれ、苦戦を強いられるフリットたち。
するとフリットが、MSを引きつけ撃破し、、、、




少し都合の良すぎる部分はあるが、
ま、、、今までに比べれば、まだ戦闘らしい戦闘だったと思います。


ってか、
一応、“奇襲”なんだから、
戦力差を考えれば、本来ならマッドーナの部隊を待たなきゃ
無駄死にをする可能性が高く、あまり意味が無いわけで。

そら、そういうドラマティックな演出を狙っているのは理解しても、

さすがに無理が過ぎたんじゃ??

という印象しか無い。


たとえば、Gエグゼスは、ともかくとして
バルガスより明らかに腕が良いマッドーナに、
ディーヴァや僚艦、そしてMSの“強化”を依頼したこともなく。

ガンダムが居なければ、
たとえ新造戦艦のディーヴァだとしても、
ほとんど、現状の連邦軍の装備しか無いわけである。

効果が有効かどうかも不明なフォトンブラスターを装備したとは言え、
そんな状態で、敵要塞に突っ込んでいくことほど、無謀なことは無い。


今作にリアリティを求めるのは、
“ドラえもん”のような夢を実現出来る“AGEシステム”が存在するため

酷であるコトは分かってはいるが。

それでも、
“ガンダム”という作品は、1つのリアリズムを描くことが作品の基本のハズ。

それは、、、物議を醸したあの“Gガンダム”でも同じコト。
ガンダムという物をアイテムとしてしまえば、成立しているのだ。


しかし今作。。。

子供向けであることを頭に置き、ある程度の穴があるのは仕方ないとしても、
もう少し物語に繊細さが必要だと思います。

繊細さは、丁寧さに繋がり、ガンダムらしい物語の面白さに繋がるはずなのだ。


実際、今回の初めのアバンなど、

前回の1月1日放送の内容を、ほぼ無視していいる内容。
だったら、自ら必要無いことを証明していると言う事になる。

もっと描くことを描き、無駄を省くということを徹底しないと、

まだまだ続くんでしょ????

どれだけ、因縁を描いたりしても、
オモシロ味には繋がっていかないと思います。


楽天ブログ版
第13話 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE第13話(1.8)

宇宙要塞アンバットを攻めるディーヴァは UEの大量のMSに苦戦するも、 フリットらの活躍とディーヴァの砲撃でピンチを凌いだという話 このところ、ゴーカイやフォーゼよりガンダムAGEの方が楽しみだったりします 「ママ、帰ったら一緒に旅行でも行こうか。俺必ず生きて帰?...
[続きを読む]

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) | 2012年01月09日(Mon) 01:55


「機動戦士ガンダムAGE」100年戦争13UEとの決戦!ディーヴァはフォトンブラスター砲でUE艦隊の大破に成功した

8日アニメ「機動戦士ガンダムAGE」第13話を視聴した。 今回は宇宙要塞アンバット攻略に向けて出撃したディーヴァは そこでザラム、エウバのMSと連携して攻撃を開始した。 ...
[続きを読む]

オールマイティにコメンテート | 2012年01月08日(Sun) 17:54


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。