FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

カーネーション 第71回

内容
昭和19年4月
八重子(田丸麻紀)が、糸子(尾野真千子)の洋装店で働くようになった。
パーマ機の供出で、店を続けられなくなったことが原因だった。

そんなある日のこと、奈津(栗山千明)から電話が入る。
“吉田屋”も仕事が出来なくなったようで、
突然、「この家と土地、買えへんか?」と言われてしまう。
知り合いの金持ちに打診しても断られ、為すすべが無いよう。
そのうえ、多額の借金も抱えていると判明し、糸子は怒鳴るが、
それでも強気を崩さない奈津。

その後、八重子から、夫に失踪、母の病で、
頼る者が無いまま、今に至ったと言う事を糸子は知る。
なんとかしてやりたいと思っても、打つ手が無い。
そこで、奈津を雇うことを考えるのだが。。。。。。。すでに遅かった。

敬称略



ついに、、、19年ですね。

あと少し。である

といっても、
まだまだ色々残っていますので、

あと少し。。。といっても、早く戦後になって欲しいと思うばかりである。


絶望感が漂いすぎて、
ドラマを見て楽しい気持ちにはなることは出来ませんが、

それでも、“糸子らしさ”だけは、描くことを忘れないのは

多いに評価できるところ。



ほんと、早く終わってくれないかなぁ。。。





楽天ブログ版
http://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/201112230000/

TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/50a8493a6a3ed7008937769500876b23
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カーネーション】第71回

戦争も佳境に入り、町に葬列が増えてきた。 そんな中、糸子は久しぶりに奈津に会う。 奈津は店を続けることが出来ず、借金を抱えて、店と土地の処分に困っていた。 「カーネーション」第71話  ...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年12月23日(Fri) 14:45