レベル999のFC2部屋

カーネーション 第70回

内容
終わらぬ戦争。。。配給も少なくなっていた。
糸子(尾野真千子)は庭で野菜を植えたり
衣類を持って農家と交渉し、食料を調達したりと苦心していた。

そのころ、国民学校の授業のせいもあって
長女・優子が軍事教練ごっこにハマリはじめ、
ある日、、、、集会所で催される映画をせがまれることに。
仕方なく糸子は、優子、直子を連れて見に行くのだが。。。。。
兵隊が戦っているだけの映画で、面白さを感じず。
糸子たちは、外に出てしまう。

敬称略


戦時下における、小原家の日常。

そんななかでも、糸子らしさを表現しつつ、
そして“これから”のネタフリ。

あくまでも“繋ぎ”でしかないのだが、
それでも今作のオモシロ味は出してきた感じだ。


まあ。。。よくドラマである様な、戦争表現をしているわけでは無い。

でも、これもまた“日常”であるのは確かなので、
イチイチ、未来に誰かが戦死したり、未来にどうなったりと言われたりするより

日常と非日常は、シッカリ描けているので
まったく間違いでは無いだろう。


しっかし、、、まさか、、、色鉛筆をそういうカタチで持ってくるとはね。

なるほど。

未来を知っていても、“なるほど”と感じるのが
今作の魅力でしょうね


楽天ブログ版
http://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/201112220000/

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カーネーション】第70回

商店街は閉まり、配給は減り、自給自足の生活をしなくてはならなくなってきた。 優子は学校からばりばりの軍事教育を仕込まれている。 戦争戦争の生活の中で、「楽しいこと」や、「きれいな物」を失ってい...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年12月22日(Thu) 13:49