レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネーション 第69回

内容
さすがの糸子(尾野真千子)も世間の怖さもアリ、頭を下げることが多くなり。
噂もあったが、モンペ教室を再開すると人々がやって来るようになる。
が。。。ついに。。。そのモンペ教室が目をつけられてしまう。
婦人会の澤田(三島ゆり子)が現れ、モンペ教室を閉鎖を命じられ、
ミシンの供出を迫られたのだ。
いつものように、何とか追い返したものの、生活の糧であり、
亡き父の想いが詰まったミシンを取られるわけにはいかない。。。。
悩む糸子。

そんな折、父の友人の靖のことを思い出す。
「軍服、作らせて下さい!」


敬称略


ネタフリもされていたし、分かってはいたことですが。

ミシンだけで無く、仕事を絡めて、亡き父の人脈を思い起こさせるなど
まさに。。。。「お父ちゃんのおかげ」である。

再び登場した遺影に寂しさを感じていたのに

一瞬にして、誇らしげな笑顔に見えるのが、不思議なところだ。


こういうのなら「おかげ」と、素直に感じることが出来ます。

まあ。。。。娘のミラクルかもしれませんが。。。。


それにしても、
暗い世界、世間を表現しているハズなのに、
暗さを感じさせないのが、今作の良さですね。

先々週あたりから、物語が進むにつれ暗いムードで
先週末から月曜で、一気に落ち込みましたが、

そのなかでも、糸子の頑張り、作品の面白さが見えるので

ドラマとして、ホントに楽しい状態である。

いずれ、、、一難去ってまた一難。。。。なのは、わかっていますけどね。。。



楽天ブログ版
http://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/201112210000/



TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/9ca439ee10149a1d4f618fd866e3cd18
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カーネーション】第69回

「世間は恐いもん」と学んだ糸子は近所づきあいに気を配る。 しかし、商売とミシンに関する事だけは我慢ならないのだった。 「贅沢品」「ミシンを供出しろ」と言われて、思案する糸子・・・ 「カー...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年12月21日(Wed) 19:42


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。