レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOCTORS 最強の名医 第8話(最終回)

『500グラムの命を運ぶ11時間の超絶オペが、今始まる!!』

内容
ステージ2の胃がんが発覚した相良(沢村一樹)は、
森山(高嶋政伸)のオペを依頼する。
だが相良の存在を疎ましく思う森山は、どうすべきか苦悩する。
そして、、、オペの日を迎える。。。。揺れ動く心。
それでも森山は無事にオペを終えるのだった。
「医者だぞ。俺は」
と。。。たまき院長(野際陽子)に告げて。。。。

だが森山は、どうしても違和感を抱く。なぜ、自分だったのか?
そこで東京医療大学の神山(小林隆)を訪ねて話を聞くことに。
「良い病院になるために、何より大事なのは。
 医者、看護師、職員全員の信頼関係。
 先ずは、僕自身が森山先生たちを信頼しなきゃ、実現出来ません」
と相良が言っていたと知らされる。


一方、快方に向かう相良は、次は光太郎(渋谷武尊)の生体肝移植と意気込む。
そんななか翔子(滝沢沙織)が依頼どおりのことをしてくれて、喜ぶ相良。

同じ頃、仙石会に出席した森山は、
なぜ助けたのかと仙石(柴俊夫)たちに馬鹿にされてしまう。
そのうえ、生体肝移植など身の程知らずと言われ、森山は決断するのだった。

翌朝。森山は相良に告げる。
「生体肝移植、やってやるよ。
 君のためにやるんじゃない、俺は自分のプライドのため」
光太郎の状態から、時間はないと思われた。
あとは、
光太郎の実の父・高杉誠(水橋研二)と妻・尚子(游井亮子)を説得するだけ。。

敬称略



実際問題として、
“結末”自体は、分かっているのだ。

だから、そこまでに、どのようなことを盛り込んでくるか?
そして流れを、どのように魅せてくるか?

だけである。


今回は、

唐突に盛り込まれた相良自身の病気を、どのような処理をしていくのかが
最も重要なポイントだった。

いろいろと森山らしさで楽しませながら、
最終的に、そこにある相良の真意を森山がくみ取るという

“次”への見事な流れに繋げている。

そしてメインイベントの生体肝移植。

そこにあるのは、、、まさに“信頼”


病気があったからこそ、生まれた信頼。

信頼があるからこそ、起きた奇跡。

ただの医療モノとしてだけでなく、
人間関係を紡いできた、一種のヒューマンドラマとしても、

なかなかの出来に仕上げてきた最終回だったと思います。



ドラマ全体を見て。

残念ながら、数字はそれほど振るわなかったが、
それでも、ドラマとしての作り込みは、群を抜いていたと思います。

脚本、演出、、、そして俳優

見事な三位一体である。
いや、スタッフ全員の意気込みが見えた気がします。

もしもマイナス点を述べるなら、
序盤から、相良という人物のキャラが、イマイチ分からなかったこと。

興味を抱けば、
独特のキャラと丁寧な物語が、クセになったんですけどね。

そこを乗り越えることが出来たかどうかが、
今回の数字に繋がってしまったのでしょう。

それでも最後まで観て、満足いくドラマだったと思います。

それも“続編”を期待するくらい、良いドラマで、
ドラマらしいドラマだと思いました。


楽天ブログ版
第8話(最終回) 



TBは以下のミラーへお願いします
 
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/6b5a9c1c54fd21038d8743e0e8e1acd6
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DOCTORS~最強の名医~ (第8話・最終回 12/15) 感想

10/27からテレ朝で始まったドラマ『DOCTORS~最強の名医~』(公式)の第8話・最終回『500グラムの命を運ぶ11時間の超絶オペが、今始まる!!』の感想。 エピソード・ゼロってことで… 先週がネタ振...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2011年12月16日(Fri) 17:23


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。