レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南極大陸 第9話

『終幕へ…奇跡が起きる!』

内容
倉持(木村拓哉)たち第一次観測隊が帰国した。樺太犬を極寒の南極に残して。
苦悩しつつ再び南極へ向かうことを考え始めるなか、第三次隊の編成が決まる。
だが政府は、世間の目もあって、第一次、二次隊の参加者を許可しなかった。
白崎(柴田恭兵)は、“現場で生き抜いた人間”の必要性を訴えるが。。。。

そのころ、倉持は“宗谷”の修理現場にいた。
そこに古館(山本学)から、犬が生きている可能性があると連絡が入る。

敬称略




なんとかして。。。という考えからか、、犬、犬、犬、犬。

でも秒単位で、犬を混ぜ込まれてもなぁ。。。


結局、見ていると“犬のため”“ケジメ”という印象よりも

『ただ南極にいきたいだけじゃ?』

という印象にしかなっていない。

これが、今作が描いて来た“犬の描写”故でアリ、
そのうえ中途半端に、南極で夢を語っていたからこそ、

そう言った印象にしかならないのである。


そのうえ、今作には重大な問題がある。
俳優を目立たせたいのは、、無視するとして。

“奇跡”や“可能性”を語っているわりに、
犬が生きていることを、見せすぎるほど見せているのである。

たしかに、死に逝く様は重要かもしれない。

だが『結果』が分かっている上に、“生きていること”を見せられると

どれだけ、贔屓目で見ても“奇跡”を感じにくいのである。


だってそうだ。
マジックのタネや種明かしを先に見ていて、その後、マジックを見たところで、
マジシャンの手技に感心はしても、マジック自体に驚くことはないのだ。

《見せないからこそ、奇跡が生まれる》

と言う事が分かっていないようである。


結局、後付けで犬の物語を描こうとするから、
こんな事になってしまっているのだ。



完全に、総括になっていますが。

上手くやれば、2時間で感動できる物語を
無理して連ドラに引き延ばそうとするから、こんな事になってしまったのだ。


ってか、最後にどうでも良いような恋バナを混ぜるなよな!!

結局、犬よりも女じゃ?(苦笑)


さて。。。感動?の最終回。。。。になるのか?



楽天ブログ版
第9話 

TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/75f9d55d70c6eae982ccac9ad6083161
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南極大陸&WJ2号

南極大陸は倉持3次隊で は減って行く様を見せられ 氷室が倉持のため裏動き良しも 星野が倉持に行く譲る事やなど
[続きを読む]

別館ヒガシ日記 | 2011年12月13日(Tue) 13:42


南極大陸 (第9話 12/11) 感想

10/16からTBSで始まったドラマ『南極大陸』(公式)の第9話『終幕へ…奇跡が起きる!』の感想。本作とは直接無関係だが、高倉健主演映画『南極物語』は鑑賞済み。 「第3次南極越冬カラ太犬捜索の旅」に行...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2011年12月12日(Mon) 09:42


「南極大陸」未知なる世界への挑戦9白崎と氷室の必至の説得で岳志は一次隊の代表して再び南極へ向かった

「南極大陸」第9話は再び南極観測隊を結成する事になったものの、今回は1次、2次隊から除外するという項目があった。白崎はそれでは南極では対応できないと必至の説得を試み、 ...
[続きを読む]

オールマイティにコメンテート | 2011年12月11日(Sun) 23:42


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。