レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネーション 第58回

内容
ついに勝(駿河太郎)に赤紙がやって来る。
ショックを受けながらも、いつも通りに過ごそうとする糸子(尾野真千子)
いや、仕事をすることで気を紛らわせていた。

そして派手なことは禁止されていることもあって
家の中で、祝いの会が開かれる。
遅れてやって来た善作(小林薫)に、頭を下げる勝。
「すんません。。。」
その夜は、善作と勝が2人で酒を飲み。。。。。


翌朝、出征していく勝。

敬称略



毎回思っていたが、
帽子を目深に被ると、駿河太郎さん。。ほんとに笑福亭鶴瓶にソックリ。


まあ。。。それはさておき。

ついに、出征


いつだったかと同じで、

ここ数日の、“くどすぎる独白”とは、うって変わって、
少なめのナレーションで、俳優の演技で魅せてきた感じである。

《派手が禁止》という言葉を活かしているのも、
なかなか良い感じでしたね。

静かだからこそ、魅せられました。


それにしても、
結局、回想などでエピソードの追加などをすることもなく

アッサリ気味の“主人公の夫”の表現で締めてきましたね。

最後は、思わぬ出来事も発生しましたが、

次の知らせで?ショール?


面白くないわけではないので。
それなりには、魅せられていますが、

どうしても、
このアッサリした表現が、微妙に足を引っ張っていると感じています。

特に主人公へのマイナスイメージとして。である。

冷たささえ感じる。。。と言えば良いだろうか。



楽天ブログ版
http://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/201112080000/


TBは以下のミラーへお願いします
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/1a05ed56aa38162269944091fe8c4658
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カーネーション】第58回

赤紙が来てからも、店は忙しかった。糸子は普通に働いた。 送り出す前夜、お父ちゃんはなかなか家に来なかった。 「こういう時、何を言えばいいのか解らない」人だからだと、お母ちゃんは言う。 「時代...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年12月08日(Thu) 14:19


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。