レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネーション 第50回

内容
臨月を迎えても働きづめの糸子(尾野真千子)は、家族たちに諭され、
神戸で静養することに。

そのころ、時局から、清三郎(宝田明)らの紡績工場が生き残るには、
軍服などを作らざるを得なくなり、貞子(十朱幸代)は涙する。
糸子も店のことが心配で、度々連絡を入れるのだが、
どうしても気になり、コッソリと神戸の屋敷を抜け出していく。

が。。。帰る途中で陣痛が始まり、通りがかった木之元(甲本雅裕)が助け、
家へと連れ帰ってくれるのだった。
とはいえ、難産で苦しむ糸子。
善作(小林薫)千代(麻生祐未)勝(駿河太郎)は、心配し。。。。

敬称略


相変わらず、展開が早い今作。

小ネタを挟みながら、2人目の誕生である。


ってか、
考えてみれば、無茶苦茶だよね。

土曜に結婚して、1人目。月曜には時間経過で、火曜には2人目。

放送期間3日。。合計1時間も経たない間に、とんでもない状態!!!

子育て、育児を描いている様子も無く、

ただただ『登場人物』が、増えているだけである。


一応、“時代”は表現しているが、、、、実際の内容としては、それだけ。

それ以上の部分は無い。


まさかと思うんだが。
今の時間経過から考えると今週末には終戦?(苦笑)


ほんと薄っぺら。。。。ぺらぺらである。


楽天ブログ版
http://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/201111290000/

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カーネーション】第50回

無理やり神戸に送られた糸子は、そこでも戦争が影を落としている事を知る。 神戸で療養しているのも暇で、店が気になり、抜け出す手を思いつく… 「カーネーション」第50話       ※Twit...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年11月29日(Tue) 19:48


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。