レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOCTORS 最強の名医 第5話

『絶体絶命!!ナース達の反乱』

内容
広告代理店で働く坂口和夫(鶴見辰吾)が急性膵炎で入院する。
佐々井(正名僕蔵)が、簡単な手術で済むと説明し、
妻・貴子(中原果南)も、、、サインをする。
だが、担当の相原亜美(黒川智花)は、2人に妙なモノを感じていた。

そんななか、退院を急がない方が良いのでは?と佐々井に提案する亜美。
しかし提案を無視する佐々井は、スカートをはけとセクハラ。
また処方箋を間違っていることを指摘すると、亜美のせいにされてしまう。
その様子を見ていた相良(沢村一樹)は、なぜか佐々井の肩を持つのだった。

直後、ナースステーションに現れた相良は、
看護師長の田村戸紀子(宮地雅子)に涙の訴えをする亜美を横目に。。。。
「泣き寝入りするしかない。
 どんな理不尽なことを言われても部下は我慢しなきゃ」
と、、、ナースたちを挑発する。

怒った戸紀子は、たまき院長(野際陽子)に佐々井の態度の直談判。
近くに居た森山(高嶋政伸)は、鼻で笑うが。。。
ナースは見下されているのを我慢してきたと訴え、
これ以上は、辞めても引き止めることが出来ないと宣告するのだった。
頭を抱えるたまき院長。


その後、佐々井のオペのアシストに回る相良。
一旦は窮地に陥っても、上手く処置する佐々井。。。。オペは無事終了する。

そんな折、皆川(伊藤蘭)に佐々井の技術の素晴らしさをほめたたえるが、
性格に難アリと伝えた相良は、協力を依頼。

そして、、、、相良は佐知(比嘉愛未)を食事に誘い。。。。
一方、皆川は、たまき院長に、危機感を伝え。。。。。


敬称略



君たちはプロなんだよ。プライドがあるなら、ドクターに立ち向かうべきだ。


ひねくれ者の変わり者ドクターが、病院を変える!!!

という、今作のコンセプトが、
今まで以上にシッカリ表現された感じですね。

ちょっとしたやりとりの中にも、楽しさもあるし、
人間関係の微妙さも、面白く表現されている。

相良と院内の人間の人間関係が構築されてきたからこそ
今回のような、
言葉のキャッチボールなどが成立するようになってきたのでしょう。

会話の間もかなり良い感じですし。
俳優さんたちの演技が、そこにある感情を丁寧に表現しているため、
ドラマとしての心地よさを感じます。

病院を立て直す物語と言う今作のメインの部分だけで無く、

細かい部分に至るまで、普通に、ドラマを楽しめるようになってきた感じですね。


秀逸だったのは、皆川を上手く利用して相良が、たまきを動かしていること。

これって、連ドラとして『今まで』が無ければ
絶対に成立しないネタ。

こういう部分にも、今まで、シッカリと積み上げてきた『成果』が見えます。



本格的に、脚本、、、演出、、そして俳優。。。
見事にかみ合っていると思います。

奇を衒わなくたって、作り込めばベタな物語でも楽しい。

今作はそれを証明してくれています。




楽天ブログ
第5話 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DOCTORS~最強の名医~ (第5話 11/24) 感想

10/27からテレ朝で始まったドラマ『DOCTORS~最強の名医~』(公式)の第5話『絶体絶命!! ナース達の反乱』の感想。 日本中のナースの共感を得たんじゃないか? 我が家にもベテランナースが一人い...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2011年11月25日(Fri) 08:25


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。