レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家政婦のミタ 第7話

『死ぬまで二度と笑いません…』

内容
三田(松嶋菜々子)から、“家族を殺した”と知らされた結(忽那汐里)たち。
どうしても気になり、晴海(白川由美)から聞こうとするが、話そうとしない。
それどころか、紹介所にやって来た三田は、「答える気は無い」と宣言する。
それでも聞いてくるなら辞めると告げたことで、結たちも納得するしかなかった。

そんななか希衣(本田望結)が幼稚園でお遊戯会で主役となるのだった。
一応、恵一(長谷川博己)は、行くと約束するのだが、結たちには信じられない。
それでも愛していることを証明してほしいと伝えてくれるよう三田に依頼する結。

だが恵一は、子供たちへの愛の証明方法に悩み、どうして良いか分からず。
また美枝(野波麻帆)が、実家に帰ってしまうこともあって、
つい、同僚と暴力沙汰を起こし、それがもとで会社をクビになるのだった。
そして恵一は、、、三田に、お遊戯会の中止を依頼する。

お遊戯会当日。胸騒ぎを覚えた恵一は、三田に連絡を入れるのだが。。。。。。。

敬称略


俺はお前たちの大事なお母さんを死なせてしまった。
いくら謝っても許されることじゃないけど、本当に済まなかった。
本当に申し訳なかった。
お前たちは許してくれなくても良い、愛してくれなくても良い。
でも俺は、お前たちを愛したい。
これからずっと、一生愛し続けていきたい。
お前たちがどう成長し、どんな人生を生きるのか見ていたい。
もっといろんなこと、いっぱい話をしたい。
俺が出来ることなら何でもする。どんな事をしてでも、全力で守る。
だから俺を、お前たちの父親にしてくれないか!!
(一部略)



エンディングのキャスティングを見ていて、神尾佑さん!?
あれ???寝てしまっていた?

と、本気で思いましたが、、、、そういうコトだったんだ。

ホントにどうでも良いことなのですが。

こういう演出をやられてしまうと、
それまでの感想が、どこかへと飛んでしまいます!!(笑)


そんなことはさておき。

物語は、、、、ようやく、“父”として認められたお話である。


お話自体は、若干の唐突感はありますが、
子供たちの思いを受け。。。と言う事では、悪くない流れである。

まあ。。あれだけ猛反対していた結が!?と言う疑問はあるのですがね。

直前でも、父の女について、嫌そうなこと言っていたし。
色々と変化があったのでしょう。きっと。“見えてないところ”で。

好意的に捉えれば、
“男って、そんなモノ”とでも思ったのかもしれません(苦笑)


とりあえず、子供たちが健気な姿を魅せて視聴者を感動。
ついでに父も感動。。。

そんな感じですね。

なんか、あまりに“普通”すぎて、
個人的には、感動よりも、、、また???という印象なのだが。

まあ。いいでしょう。
たとえ強引でも、どこかでまとめなきゃならないしね。


もう細かい事は書きませんが、、、、これで、良いんですね?
三田のことにしても。。。。





楽天ブログ
第7話 

TBは以下のミラーへお願いします

http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/d310d3477b46f5db02f583e958228543
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家政婦のミタ 第7話の感想

日本テレビ系列で放送された「家政婦のミタ」第7話の感想など。公式サイトからあらすじを引用します。~~~~~~~三田(松嶋菜々子)から「夫と子供を殺した」と告白された阿須田家の子供たちは、詳しい事情を聞こうとする。しかし三田は、「今後、どんな質問にも答える
[続きを読む]

オタクと呼ばないで | 2011年11月24日(Thu) 06:35


家政婦のミタ (第7話 11/23) 感想

10/12から日テレで始まったドラマ『家政婦のミタ』(公式)の第7話『死ぬまで二度と笑いません…』の感想。 広告代理店とテレビ局の思惑… 恵一(長谷川博己)の言動を見ていると、広告代理店とテレ...
[続きを読む]

ディレクターの目線blog@FC2 | 2011年11月24日(Thu) 02:26


【家政婦のミタ】第7話

三田さん、頼んだら何でもやってくれるんでしたよね? 私にできることなら。 じゃあ、会社に戻してもらえませんか?もう一度。 無理です。 時間を戻してくれませんか? 無理です。 じ...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年11月24日(Thu) 00:25


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。