レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランナウェイ~愛する君のために 第4話


『涙の逃亡京都祇園から琵琶湖へ純愛に隠された罠!』

内容
大阪で、金を手に入れたアタル(市原隼人)たち。
だがお互いに信じる事も出来ず、疑心暗鬼のまま旅を続けていた。

同じ頃、由紀(福田沙紀)は、
事件について調べたことを柳川(渡哲也)から聞いていた。
被害者の刺し傷は2カ所あるだけでなく、刺し傷も深く、女には不可能。
またアタル、由紀、被害者以外のゲソ痕もあった。
そのため“真犯人”がいる可能性が高いと言うことだった。
そして柳川は、1つの依頼を由紀にする。。。。

そんななか京都に着いたアタルたち。
だがサクラ(熊田聖亜)が熱を出し、小さな病院に駆け込むのだが、
しかし警察に通報され、再び逃走を始めるのだった。
仕方なく龍之介(塚本高史)の知り合いの祇園の置屋の女将(田中美奈子)に
匿ってもらうことになる。

一方で、女将から思わぬ噂を聞いてしまう龍之介。
とりあえず恋人の久保美咲(藤澤恵麻)に会いに行こうとするが、
目の前に、“婚約者”の野中博之(高杉瑞穂)に引き止められてしまう。
「君では幸せに出来ない」と。

同じ頃、由紀に連絡を入れたアタルは、すぐに金が必要と知る。
そして柳川が連絡をとりたがっていたと知り、目撃情報を伝えるのだった。
やけどの痕のがある男を見たと。

その後、父と慕っていた風間組の蓮池組長(小木茂光)に会いに行く龍之介。
抗争していた敵対する組と手討ちにするという噂の真相を思い切って聞くのだが、
出頭しろと言われてしまう。
それどころか、舎弟の魚住に。。。。。

そんな折、美咲が置屋を訪ねてくる。
アタルのことを龍之介と間違え、もう連絡してこないで欲しいと言われる。
明日が結婚式だと。

直後に帰ってきた龍之介は、次の場所へ行くと言い始め、
滋賀へと向かうが、結婚と知った龍之介は、美咲がいなければ意味がないと。。。

敬称略



今回は、龍之介のお話である。


逃亡劇以外の部分で、物語を作っているため
若干、軽さはあるのだが、

それでも、前回までのように、『浮ついた旅行』を混ぜられるよりは、
よっぽどマシである。

それに物語も、
龍之介とアタルを重ねてくるなど、悪くない感じだ。


実際、龍之介のことを集中して描いているのが、
最も良かった部分ですけどね。


正直、1話の中に、良くこれだけのことを描き込んだと思います。

無駄が少なかったため、こう言うことが出来たのでしょう。


ってか、最後の「ヘマ」は必要だったのかな??

そこさえなければ、もう少し良い印象だったかもしれませんが、

ま。。。。ドラマとして見ることが出来るようになってきましたし、
今回くらい次回以降も描いてくれれば。。。。。



楽天ブログ
第4話 

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。