レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネーション 第37回

『移りゆく日々』

内容
奈津(栗山千明)の父が亡くなった。
そんななか、勝(駿河太郎)が言ったように
サエのドレスを見た踊り子たちが店にくるようになり大忙しの糸子(尾野真千子)
しかし、大将(団時朗)は、所詮ドレスだと、早く作ってしまえと命じる。
手を抜けと言うことで、明らかに紳士服よりもバカにしているようだった。
時間も無く、、そこで糸子は体に布を当てて裁断をする方法を考え、時間短縮!
手間は省くが手は抜かない。。それが糸子のプライドだった。。
それで大満足する大将に、ホッとする糸子。

だが職人たちまでバカにし、腹が立った糸子は自宅のミシンで縫い始めたところ、
駒子(宮嶋麻衣)が、服を作ってもらおうとやって来る。
時間が無いため先になると話をし、了承をとるが、
そんな折、奈津が、気丈に振る舞っていると知るのだった。


敬称略


えっと。なんだろ。。。ドレス作りに大奮闘!!

ってコトなのだが。
序盤で、アッサリ終わってしまっているが、『独立』のために着々と。。。

そんな印象である。


今週も、色々盛りだくさん!
なのだ。

なのに今回はいきなり、先週、ほぼ登場しなかった奈津が頻出!!

間違いなく、何らかのカタチで涙をするのだろうが、
でもそれって、独立と関係があるのかな???

無関係でも盛り込んでくるのは良いが、
そんなことしていて、まとまりが出てくるのかな??

一週間でまとめろ!

なんてことを言うつもりはありませんが、
ここ2週間くらいのように、3日ほどで終わるエピならば
別に必要無いような気がします。

独立のエピだけで十分ですよね。


散漫な印象とならないコトを願うだけ









楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/201111140000/


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。