レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ 第四十四回 江戸城騒乱

『江戸城騒乱』

内容
大坂夏の陣が終わり、徳川方は勝利した。
同時にそれは姉・淀(宮沢りえ)の死を意味し、ショックを受ける江(上野樹里)

そんななか江戸城では、竹千代(水原光太)を中心に、勝利の宴が開かれた。
竹千代の様子を見て、江は諭すのだが、福(富田靖子)は“武家の倣い”と。
そのうえ、命じたのは秀忠(向井理)だと続けるのだった。

そのころ伏見では、秀忠が武家諸法度を発布。
それは、名実ともに、将軍・秀忠時代の幕開けであった。
覚悟を決め、凛々しい将軍となった秀忠に満足げな家康(北大路欣也)は、
元号を“元和”と改元する。
平和な時代の幕開けを予感させたが、どうしても江は納得出来ずにいた。

同じ頃、秀忠は、
常高院(水川あさみ)に千(忽那汐里)を連れ江戸へ向かうよう依頼するが、
千は、父・秀忠を非難するのだった。


やがて、千は常高院とともに江戸へと帰り。。。。
父を決して許さないと、母・江に告げるのだった。



敬称略


また、後出しジャンケンですか
なんとかして、淀や、千が秀頼と一緒にいるシーンを繋いで。。。。

だったらもっと、色々描けば良かったろうに。


ひとつの結末としては、悪くないと思いますが。

ここのところ、秀忠が主人公でしたからね(苦笑)

気がつけば、江や淀より、家康や秀忠のシーンが多いのが今作。


ほんとは、今回くらいの、
江のシーンと秀忠のシーン。そして“ついで”に、千など。

これくらいのバランスで描いていれば、
江が主人公に見えるんですけどね。

「如何に憎まれようとも、私に悔いはない。
 私は何があろうと、天下を泰平にする。
 それが私に出来る、ただひとつの償いじゃ
 血を流すのは、これが最後だ。」

悪くないセリフなのになぁ。。。。


すでに総括気味になっていますが。

いろいろなセリフが登場したりするのは、
そこにある背景や、人間関係、人物描写などがあってこそ。

なのですけどね。

その「土台」が無い状態で、視聴者の想像力に任せながら
最終回までの10回程度で
結末から逆算して、色々と物語を構築し、描いているのが

今作の今の状態だ。

たしかに、ココ数回、悪くないホームドラマ部分や
今作的には、頑張っている戦いのシーンなども多い。

だから“それなり”ではあるが、ドラマは成立し、満足感はある。

とはいえ、やはり『土台』というのは重要で、

家族に対して見向きもしなかったキャラが、突然、家族を語ったり。
流れを作るために、無理して物語を描いたり。

『土台』が無いと、どうしても、そんな印象になるのだ。


個人的には、ホームドラマだろうが、戦国ドラマあろうが
そんなモノどっちだって良いこと。

もうちょっと、描くことを決めて、描き込んでいれば
こんな事にならなかったでしょうに。


思い起こせば、今作は、始まった時点から、
何を目指しているのかが、曖昧でしたよね。

歴史を知っていれば明白な、無茶なキャスティングも、色々なされましたし。



たとえば、今回など、決して悪くないのだが、
いまさら家族を表現して、どうする?
江って、そういうキャラ?

私の中では、そんな印象しか無い。


やっぱり、大人の事情で無茶なキャスティングしたのが、全ての始まりかな。




楽天ブログ
第四十四回 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

江「江戸城騒乱」

 先週、淀が退場して、「これから二ヶ月どうするんだろう」って思ってたんだが、昨今の大河ドラマは 11 月で終わるんだっけね。 「坂の上の雲」をやる、というのはわかるんだが、ほかに事情がありそうな気がするんだけど、どうなんだろう。大河は大規模なだけに、そこで?...
[続きを読む]

blog mr | 2011年11月18日(Fri) 07:18


江 姫たちの戦国第44話(11.13)

「如何に憎まれようとも私に悔いはない。 誰ひとり傷つけることなく太平の世を築くなど絵空事に過ぎぬ。 私は何があろうと天下を泰平にする。 それが私に出来るただひとつの償いじゃ。血を流すのはこれが最後だ・・・」 江@上野樹里は淀@宮沢りえたちの死を嘆き、 そん?...
[続きを読む]

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) | 2011年11月15日(Tue) 00:18


江 -姫たちの戦国- 第44回「江戸城騒乱」

物語最大とも言える大坂の陣が終わり、この残り数回をどのように演出していくのかが気になるところでした。その全貌が今回明らかになります。江が亡くなるまでのメインテーマは跡継ぎ問題であり、自分が寵愛する国松と福が推薦する竹千代の一騎打ち。 至る所で、国松が勝?...
[続きを読む]

あしたまにあーな | 2011年11月13日(Sun) 22:06


大河ドラマ 「江」 #44 江戸城騒乱

大坂の陣が終わり、江に話が戻ってきます。
[続きを読む]

雨ニモマケズ 風ニモマケズ | 2011年11月13日(Sun) 21:20


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。