レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネーション 第32回

内容
駒子(宮嶋麻衣)から奈津(栗山千明)の父(鍋島浩)が倒れたと聞き、
心配する糸子(尾野真千子)は、見舞いに行こうとするが。
勘助(尾上寛之)に止められてしまう。奈津にも奈津の意地があるだろうと。
そこで、見舞いは勘助に任せ、駒子と洋服作りに励む糸子。
友達のように親しくなりながら、、、、ついに完成。

「おおきに」

大喜びで、街を歩きに行こうという糸子。きっと注目の的だと。
するとやはり、街中の人たちは、駒子の姿に見とれ大好評。
大満足の糸子は、代金はいらないと言ってしまい、
それが父・善作(小林薫)にバレ。。。。。。。。。。

敬称略


洋服作りで、作る楽しみを思い出し、勉強になったと思った糸子。
だが、、、もう一つの「商売」の勉強の方は、、、


って感じですね


街を闊歩させるなど、これまでのことをシッカリ踏襲しているだけでなく
自らの失敗を知るというのも良いところ。

そして最後は、まさかの善作の涙。。。。。。

たとえ怒っていても、父の愛を感じるし、
商売人として先輩であることも、込められて良いですね。

そう。裁縫の面白さを知り、ミシンを知り、洋裁を知り、
最後の難関は、商売として成立するかどうか。

着々と進んでいます。

「勉強」である。


まあ。。。先日、一晩で100枚、、、料金も聞かなかったというのに
まだまだ甘い糸子。

これからですね(笑)




楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/201111080000/

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。