レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネーション 第28回


内容
ハル(正司照枝)千代(麻生祐未)に背中を押され
制服作りのため、神戸の祖父母のもとへと向かった糸子(尾野真千子)
その直後、妹・静子(柳生みゆ)から連絡が入る。
父・善作(小林薫)が、店の反物を売り払いミシンを買ってきたのだという。

翌朝、大慌てで家へと帰った糸子。
父・善作は、上機嫌で。。。。。。

やがて“洋裁も始めた”と来店した客にも告げる善作。。。
そして洋裁も、1階ではじめ。。。。。みんなで、制服作り。
そこに、いつの間にか勘助(尾上寛之)も加わり。。。。。

敬称略


何を言うかと思ったら、、、
多くを語らなかった父・善作

この方が良かったですね。

直前の大爆発。直後の笑顔。
そして反物を見れば、そこにある善作の思いも良く伝わってきました。

ま。。。善作のプライドと言って良いでしょうね。
そして善作の父としての思い。

今までのことがあるから、
逆に、今回が引き立った感じだ。


それにしても、、、ラジオ、、だとか、テレビだとか。。。
そういうのは定番であるが。

ミシンかぁ。。。。

ここにこそ、今作らしさがあるのだろうね。


“だんじりや!”などと、大はしゃぎしなかったのが、
最も良かった部分ですけどね。




楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/201111030000/


関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。