レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネーション 第24回

内容
洋服を着て胸を張って歩く。初日の授業が終わり。
2日目、採寸が大切であると根岸(財前直見)の教えに、
必死になってついて行く糸子(尾野真千子)。
そして。。。。。。1週間後、、、いつもの家にもどるのだった。
静かになった家に、父・善作(小林薫)に怒鳴り声だけが響いていたが、
善作が、、ラジオを買い。。。。。再び楽しい家に。。。。

そして2年後、ラジオである悲劇が流れ。
糸子は新聞記事に目を留める


敬称略


土曜日だというのに、ほぼ全編と言って良いくらい
なんだか、“繋ぎ”のようなお話でしたね。

実際、2年も経過させてしまっていますし。

まあ次週から、本格的に物語が動き始めるのでしょう。


とりあえず、かなり駆け足気味の1か月であったが、
一応、苦労も表現されているし、時代も表現されている。

もう少しじっくり見たかった気もするのだが、
今後を考えれば、この程度なのかもしれませんね。


ただ気になるのは、どの部分を結末に持ってくる予定なのか?でしょうね。

この調子でいくと。。。。
まさかと思うが、娘たちが成長するくらいまで?

それくらいの展開の早さがありますよね。


でも、そんなところまでいくと、
この1ヶ月のような、
面白さを感じながらも、物足りなさも感じるお話になると思うのですが。。。

そんなエピローグなど、それこそテキトーで良いから、

もう少し、ドラマをジックリと魅せて欲しいと思います。





楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/201110290000/

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カーネーション「誇り」

 パッチ屋をクビになる糸子。  だが、空気は5分で変わる。  商売が苦しい、ということを話すときの善吉のドヤ顔よ。  珈琲が気にいってしまったときもおかしかった。  根岸が来ることになってすねてる照枝ねえさんがかわいい。  洋服を着て街に出たとき。  泰蔵...
[続きを読む]

blog mr | 2011年10月31日(Mon) 07:59


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。