レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーネーション 第20回


内容
ミシンの実演販売員の根岸(財前直見)と出会った糸子(尾野真千子)
その様子を見て、洋裁を教えて欲しいと依頼。
心斎橋で開かれるミシン教室へと出席することに。

だが3年もパッチ屋で修行してきた糸子にとっては、
初歩の初歩のことばかりで、本物の洋裁を教えて欲しいと伝えるのだが、
ミシンを買ったばかりの人に教える教室であり、無理だという答えが返ってくる。

落ち込み。。。。帰ろうとしていると。。。祖母・貞子(十朱幸代)と
偶然に、再会する。
糸子が、心斎橋にやって来た理由を話すと
「ミシンぐらい、買うたる」という貞子。
ただ。。。。父・善作(小林薫)に許してもらえるとも思えず。
そんなとき、パーラーの中に、
歌舞伎役者の中村春太郎(小泉孝太郎)がいると知る。
一緒にいる女。。。。

敬称略


まだまだ火曜日

そう信じて明日を待つだけ。。。なのだが、


善作との再戦が始まるのかと思っていたら、

まさか、、、ここで???

正直、「まさか」の状態なので、展開がよく分からないというのが本心。


これ、必要なのかな??

まあ....それを言い出せば、
ここのところ、奈津の存在意味が、全く無い状態なので
なんらかの比較になっているのだろうが。

必要なんだね?



楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/201110250000/
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。