レベル999のFC2部屋

カーネーション 第15回

内容
風邪をひき、冷たい言葉でパッチ店から帰らされた糸子(尾野真千子)
“店を辞めたい”“女学校に戻りたい”
そう思い始めた糸子。。。。家に帰り寝ていたところ、
母・千代(麻生祐未)と妹・静子(柳生みゆ)のやりとりを聞いてしまう。
「糸子は偉い」
気分が晴れるとともに、何か別のモノが見えた糸子。
すると父・善作(小林薫)の言葉の意味も見えてくる。
「勉強やで」
雑用の中に、自分の知らないことがたくさん有ったことに気づくのだった。

「大丈夫や、ウチはちゃんとミシンに近づいてる」

そうこうしているうちに、桝谷(トミーズ雅)が糸子の様子を見て
夜になるとミシンは遊んでると。。。。。言ってくれて。。。。

敬称略


こういった桝谷の優しさが見えて、
ようやく、色々なことも見えてくると言うモノで。

ま。糸子の変化もあったと言うことなのですが。

ちょっと早い気もするが、成長を魅せてきたと思います。
2ヶ月。..と言っているしね。


やっぱり、描くことが多いというのも、
こういう部分に影響を与えているのかもしれませんが、

描かないよりはマシでしょう。

いや、ここ数年の中では、描いている方である。


あとは、まだ3週目だというのに、
どこまで今週。..表現してくるか?ですね。




楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/tokukougi/diary/201110190000/

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック