レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BS時代劇『塚原卜伝』 第二回 御前試合

『御前試合』

内容
新右衛門(堺雅人)の小田原での一件は、故郷の鹿島に影響を与えていた。
鹿島の太刀を習いたいと者達がやってきていたのだ。
思惑通りになったと喜ぶ実父・卜部吉川(中村錦之助)松本備前守(永島敏行)
が。。。真剣勝負ということもあり
母・藤枝(朝加真由美)と妹・真尋(栗山千明)は、それどころではなかった。

そんなことが起きているとは知らず、
新右衛門は、左門(平岳大)とともに小田原から海路、桑名に入り
京を目指していた。
途中、山賊に襲われる女性を助けるなど、世の乱れを感じ取る2人。

やがて京へと到着した新右衛門と左門は、その大きさに驚くとともに後悔する。
さすがに“都”と言うだけあって人も多く、
立ちあう相手を見つけることもままならぬ状態。
伊勢宗瑞(中尾彬)が紹介状を書いてくれるというのを断ったことを、
新右衛門は、後悔していたのだ。
とりあえず、宿を見つけ、今後を話し合う新右衛門と左門。
するとそこに、妙な男が現れる。
管領代・大内義興(吉見一豊)の家老・平賀丹後守(風間杜夫)が、
屋敷に来て欲しいと言うことだった。
意味が分からぬ2人だったが、平賀からの話で事情が判明する。
先だって助けた女性・鹿乃(京野ことみ)は、平賀の娘だったのだ。
平賀は、感謝を伝えるとともに、数人の腕に覚えのある者達を揃えていた。

平賀は、、、実は。。。と切り出し始める。
昨年、京で起きた事件により将軍・足利義伊(本田博太郎)が
有力守護大名である大内の元に身を寄せているという。
1万の兵士らとともに大内が、将軍・義伊とともに上洛するという。
その上洛の折、大内の政敵である管領・細川高国(安田顕)が抱える
“海内無双”の剣士・大野秀孝(鈴木豊)と御前試合がなされることに。
そこで、小田原での一件を聞き及んだと、、、平賀は新右衛門に声をかけたのだ。
ようやく、呼び出された意味を理解した新右衛門は、
その御前試合を了承するのだった。


敬称略



前回の初回延長があったため、
あれ??、、、いつ試合するんだろ??

そんな印象の引っ張り方でしたが、
“これから”を考えれば、シッカリと人間関係が表現されているし

短い時間の中であっても

良い流れで、試合まで見事に描かれていたと思います。


今回の試合では、新右衛門が“何か”を感じ取るなど

伝説の剣豪への1歩が見え始めた感じですね。

苦戦するのも、魅せ方としてなかなか良い感じでしたし。

たとえ、“負けるわけがない”と分かっていたとしても
そこにある緊張感を、丁寧に描ききったと思います。


まあ。。。前回に続き、
“殺陣”は、特徴的ですので。。。映画的?と言った方が良いかな。。。

その部分の好みはあるのですが
それでも、その短時間の殺陣に描かれる、新右衛門の表情変化。。
堺雅人さんの演技は秀逸。

特徴的であっても、そういう“特徴”だからこそ、
新右衛門の『進化』『成長』を見てとることが出来ている感じである。

前回の面白すぎる殺陣とは違う印象ではあるが、
それでも、、、、この殺陣。。。の魅力が見え始めていますね。


ってことで、次回は、、、ケガするのか。。。。。



楽天ブログ
第二回 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。