fc2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

おひさま 第153回


内容
“老い”を口にする良一(寺脇康文)は、茂樹(永山絢斗)陽子(井上真央)に、
「自分の子供としてでなく、人として好きだ。尊敬している」と、、、


そんな折、松本駅前で、杏子(金澤美穂)を保護したと警察から連絡が入る。
そして節子(白川由美)と。。。百白花に現れ。。。

敬称略



節子はともかく。。。。

何とか綺麗にまとめようとしているのが、見えすぎている状態なのも
目をつぶるとして。


ここに至って、“好き”だとか、“尊敬して”いるだとか。。。

そんな言葉ばかり。


別にね。悪いことだとは思いませんが、

これ、どう見ても、、、アレだよね。。。。

よく主人公を立てすぎるドラマがやる、、、“おかげ攻撃”と同じだよね。

“~のおかげ”って言うヤツね。

カタチは変えているけど、みんなで褒めまくっている状態。


ただ、今作が、そういった作品よりも悪いのは、
主人公自身の頑張りや、関係する人との関わりが、

ほとんど表現されていない状態。。。。ということなのだ。

前述の、主人公を立てすぎるドラマなら、
無駄に主人公が動き回り、大活躍したりするのである。

言ってみれば、朝ドラの定番パターンの1つだ。

そのため、たとえ“~のおかげ”と言って、称えまくったとしても
くどさを感じたとしても、納得は出来るのだ。

ま。。。その“クドサ”が、不快感なんだけどね。


が。。。今作の場合、そう言ったこともほとんどなく、

なぜだか、そういった言葉のオンパレード。

ハッキリ言って、本格的に意味が分かりません。


そらね、関わりがなかったわけでもないし、表現がなかったわけでもない。

だからといって、一度くらい。。。。。それも1~2分程度の表現で

愛している?尊敬している?


そんな言葉で人間関係を表現したかったなら

なぜ、もっと、そういった
本当の意味で主人公の周りの人との関係を描かなかったんだ???

無駄なエピソードを、箇条書きで、、、、わんさか盛り込んだところで、
ドラマに厚みが出るわけでもなければ、オモシロ味が生まれるわけでもない。

薄っぺらな状態に、拍車をかけているだけである。



それにしても、、、最終回に近づけば近づくほど
酷い状態に感じる今作。

これ、、、連ドラであるが所以。。。。まさに、それだけのことである。



楽天ブログ

第153回

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「おひさま」第153回 最終回に向かってだんだんつまらなくなる残念

「おひさま」第153回、最終回も近くなって、いろんな所の後始末というか、つじつま合わせな今週。 最初の頃の、あの詩的な雰囲気はどこへ行ってしまったのか、特に戦後になってつまらなくなった。 今...
[続きを読む]

今日も何かあたらしいドラマ | 2011年09月28日(Wed) 12:16