レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIGER&BUNNY #25(最終回) 永久不滅

#25 『Eternal Immortality(永久不滅)』


内容
相棒のバーナビーを...仲間を救うため、身を張った虎徹は、力尽きる。
バーナビーに、能力の減退を告げて。。。。

が、、、そこにあらわれるマーベリックそして、、、アンドロイド軍団。
ヒーロー達の能力も通じず、苦戦を強いられ、追い詰められてしまう。
「恨むなら、キミの親を恨め」

次の瞬間、セイフティモードの作動により、窮地を逃れるのだが、
超権力者のマーベリックは。。。。。退かず。
するとそこに、、、、、ヘリに乗ったアニエスが。。。。。




「地獄の底から、戻ってきたぜ!!」

分かってはいても、
こういう展開って良いですよね。


まさに“ヒーローモノ”である。


その一方で、闇もシッカリと表現された。

「正義が輝くとき、絶望が必要なんだ。」


最終的に、当然のことながらサプライズ演出もあり、、、

エピローグへ


見事な最終回だったと思います。


ってか、、ワイルドタイガー1min

「いいだろ、1人くらい格好悪いヒーローがいたって」

って、、、ワイルドタイガー、
能力減退をする前から、格好悪いんですけどね(笑)


それにしても、こういう部分が良く出来ていますよね

ワイルドタイガーの姿は、かつての“レジェンド”が進めなかった道。

そういう意味じゃ、
もう少し、、、あの人が見切れても良かったと思いますが、

まあ。..そこは良いでしょう。


今どきの作品ではなく、昔アニメが好きだった世代へ。。。
そんな意図もあり制作された今作。

個人的には、かなり楽しく、、、
最後の最後まで久々に楽しませてくれたストレートな作品だったと思います。

たしかに、作品というからには、一つの表現方法ではあるアニメ。
でも、それで本当に視聴者が楽しめているかどうかは別で。

好みがあるのも事実なのだ。

王道だったモノがシュールへ。シュールだったモノが王道へ。

時代の流れなどもあろうが、色々なカタチが生まれてきた。

今作のような作品も、1つのカタチとして
これからも必要な作品だと、個人的には思っています。

そうでなければ、同種のモノって、
もう少し低年齢層のモノばかりになってしまいますしね。


できれば、、、、続編を!!!

もうそれだけである。




楽天ブログ
#25(最終回) 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

TIGER&BUNNY最終話(9.20)

「思ったんだ、自分の限界なんて決めるもんじゃねえって。 この先いつか力が無くなって、皆にバカにされたとしても、 いくら恥かいたとしても、俺は死ぬまでヒーローやめねえ。しがみついてやる。 いいだろう、一人くらいカッコ悪いヒーローがいたって・・・」 「仕方ない...
[続きを読む]

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) | 2011年09月22日(Thu) 00:40


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。