FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

江~姫たちの戦国~ 第三十四回

『姫の十字架』

内容
三成(萩原聖人)の失脚に成功した家康(北大路欣也)は、政治の実権を握る。

そのころ江(上野樹里)は、平穏な毎日を送っていたのだが。
毎日ため息ばかりの夫・秀忠(向井理)だけでなく、
毎日のように男子誕生を懇願する大姥局(加賀まりこ)
そんななか、ガラシャ(ミムラ)の息子が、江のもとにやって来る。
明らかに“人質”であり、不憫に思う江であったが、
ガラシャがしたため持たせていた文を見て驚愕する。
家康と夫・忠興が、、、戦の話をしていたという。。。。。

一方、家康は、淀(宮沢りえ)らに上杉が不忠を働いていると報告を入れていた。
徳川のために行っているのではと言う追及も、家康は上手くかわしていく。
そしてついに、上杉攻めの決定がなされるのだった。

京極高次(斎藤工)も、戦仕度を命じられ、ショックを受ける初(水川あさみ)
が、、、高次は初に告げる
「徳川様は天下をとるつもりじゃ」

家康出陣。。。情報を得た三成は、大坂へと向かうことを決断するのだった。

江戸に到着した家康は、秀忠に対し総大将を命じ。。。。。

敬称略



ココ数回、、そして今回。
良い感じの“姫”の描き方と、歴史のうねりの描き方が為されるようになり
かなりバランスの良い印象になっています。

ま。。。一部には、“政治好き姫”は残っているのですが、
それ以外のことも、あれもこれもと描かれているため、
薄められ、、、悪くない感じである。

無理に政治に絡めるのでは無く、
ホームドラマをシッカリ描き、これくらいの姫の描き方を

序盤から為されていれば。。。。

もう、それしか感じなくなっているのが、いま現在である。


結局のところ、

“何を主に描くかを決めずに、歴史に絡ませれば良いだろう。”

明らかにそんな程度の気持ちで描かれ、放送が始まったのが、過ちの始まり。

主人公はあくまでも“姫”“女”“母”“妻”。。。幼少を描けば“少女”

そういった視点で、
大河であるコト、歴史ドラマであるコトを気にせず、
“それなり”に描いておけば、いま現在のようなモヤモヤはなかったでしょうに。


ど~~~せ、行動などの詳細なデータなどない主人公なのだから、
上手くやれば、なんとでもなったはず。。。なんですよね。

『あの大河』もあるから、視聴者も期待したわけである。
だからこそ、裏切られた印象も生まれたワケなんですけどね。


江のセリフではないが
『初めっから、そうすれば良かったのに』

茶々、初、江。。。。そして市。。。ついでに千。。。

そこまで使えば、どうにでもなったんですよね。。。。
“姫たちの戦国”というタイトルを、逆に利用しなきゃ!



あ。。。。完全に総括になっていますね。
まあいいでしょう。

悪くない雰囲気とバランスになってきたため、ここで一度スッキリするため
いろいろと書いておきました。


それにしても、
ドラマらしいドラマになりましたね(笑)

主人公を中心にした点で描かず、
多くの人物を面で描けば、、、こう言うことになります。

でも、それが、本当の“歴史”

ドラマという意味では、主人公は目立たなくなるが
それでも、時代を表現し、主人公を表現するなら、

こういうカタチしかありませんよね。


このドラマが、紆余曲折を経て、ようやくたどり着いたカタチなのでしょう。


楽天ブログ
第三十四回 
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

江「姫の十字架」

「ドラマ」誌で批判されてたな。確かにその通りである。ストップモーションとかスローとかが変だ、ということは俺も何度か書いてきた。  粗探しになるような見方はしないようにしてきたが、最近、レビューがし辛くなってきた。  徳川を出て百姓をやろう、という江の台?...
[続きを読む]

blog mr | 2011年09月08日(Thu) 07:15


江 姫たちの戦国第34話 & バラ色の聖戦第1話(9.4)

・江 姫たちの戦国第33話 徳川家康@北大路欣也が会津の上杉攻めに向かうと 石田三成@萩原聖人が反家康の兵を挙げ、 人質になるのを拒んだ細川ガラシャ@ミムラが壮絶な最期を遂げたという話 細川ガラシャは大河ドラマとかだとこういう描き方したできない人だな。 実際...
[続きを読む]

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) | 2011年09月06日(Tue) 08:11


大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.34姫の十字架

【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第34回「姫の十字架」 【あらすじ】 江(上野樹里)は、2人の娘と平穏な日々を過ごしていたが
[続きを読む]

Refreshing-wind-blows※別館※ | 2011年09月05日(Mon) 20:51


大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆34ついに三成は動いた!その中で淀は孤独の苦悩を抱え、初はどちらに付くか?江は秀忠を励ました

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第34話はついに家康が実権を握った事で天下取りへ大きく動き出した。そんな中江は徳川と豊臣の争いになるのではと懸念していたのだった。そし ...
[続きを読む]

オールマイティにコメンテート | 2011年09月04日(Sun) 23:33


戦国の女 ~江・姫の十字架~

関ヶ原の戦いに向け、一触即発の雰囲気がある中。 徳川家に細川忠隆が人質として送られ、江は歓迎する。 実際にはこのような史実はないが・・・。 関ヶ原では父・忠興と共に東軍として加勢するが、妻・千...
[続きを読む]

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 | 2011年09月04日(Sun) 22:27


大河ドラマ 「江」 #34 姫の十字架

関ヶ原の前夜なのですが…。 いまいち盛り上がらず、新しく買った携帯電話をいじっていました。
[続きを読む]

雨ニモマケズ 風ニモマケズ | 2011年09月04日(Sun) 21:40


【江~姫たちの戦国~】第三十四回

江(上野樹里)は、家康(北大路欣也)と三成(萩原聖人)の間で戦になるのではと不安に感じ、 上杉討伐のため江戸に戻った家康に「豊臣との戦は避けてほしい」と懇願する。 家康は「討つのは上杉」とと...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年09月04日(Sun) 19:54