FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

おひさま 第132回

内容
発生した大火事。丸庵から避難する陽子(井上真央)たち。

 電気をつけっぱなしで逃げたはずなのに、次の瞬間。..消えている。。。
 停電?それとも、忘れものでもして帰ってきて。。。その時消した?

しかし火事に巻き込まれてしまう丸庵。
そのまま、、、安曇野の須藤家へ。。。。
良一(寺脇康文)茂樹(永山絢斗)は、快く迎え入れてくれるが、
徳子(樋口可南子)の落ち込みように、一同は心配する。

和成(高良健吾)らが松本へ行っている間。
陽子は、涙する徳子に寄り添い。。。。。

「大丈夫ですよ、私たちは、これからもっと幸せになるんですから。
 絶対になるんですから、いや、、、私がしてみせます。
 こんな事で負けませんよ.私たちは。
 こう言う思いしたんですから、その分、絶対。。もっと、幸せになりましょう
 何倍も幸せになってやりましょう。
 前よりも、もっと立派な、丸庵を作りましょう。
 しっかりしなさい!ほれ。丸山徳子!」


敬称略


なんていうか、番組始まって“初”!?

そう思えるような、主人公の不幸話かな。


いやまぁ。。。たしかに
母が死んだり、兄が戦死したりといろいろあったんだけど、

母に関しては、特に悲しむような様子もなく、
ちょっと良い感じの思い出話にすり替えられていましたし。

兄に関しては、自分よりも真知子の話でしたしね。


そうなのだ、今作の主人公は

不幸なはずなのに、不幸では無い印象しかありません。


ほとんどのエピソードは、赤の他人に起きた事件であり、
基本的に、家族さえ絡まないのが今作。

そのうえ妙なところで、
“あまり暗くならないように”的な配慮があるのだろうが、

それほど、深く描いてきませんでしたしね。

ですが今回のようなエピソードなら
たとえ“メッセージ”を流していても、まだ納得出来ます。


結果的に、最も親密な家族のひとりのエピになってしまっているが
そのあたりは、、、徳子の生まれ育ちを考えれば、

まがりなりにも陽子が、丸庵で生活していたこともあり、
陽子たちの代わりに。。。。と、素直に受け止めることも出来るでしょうし。

まあ。。。。オチがオチなのですが。。。
脚本家が男性なので、こんなところでしょう。




>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
楽天ブログ
第132回

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チャンス>おひさま第132話

台風が心配で仕方ないのにブログはしっかり書いている…ひじゅにですが何か?「思いがけないことって、あるものよね」【夕陽の陽子&房子ちゃんinアナザー『おひさま』ワールド...
[続きを読む]

もう…何がなんだか日記 | 2011年09月04日(Sun) 23:27


チャンス>おひさま第132話

台風が心配で仕方ないのに ブログはしっかり書いている …ひじゅにですが何か? 「思いがけないことって、あるものよね」 【夕陽の陽子&房子ちゃんinアナザー『おひさま』ワールド part2...
[続きを読む]

何がなんだか…ひじゅに館 | 2011年09月04日(Sun) 23:21