レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

華和家の四姉妹 第5話 裏切りの一夜

『裏切りの一夜』

内容
元夫・山根(田中哲司)から、竹美(観月ありさ)が復縁を迫られている頃。

家を飛び出し、正三郎(加藤成亮)と同棲を始めた桜子(貫地谷しほり)は、
妹・うめ(川島海荷)の事件で、竹美に連絡を入れたと言う事に
引っ掛かりを覚え始めていた。
同僚の亜紀、佳奈、マリたちは、“浮気”を疑うよう勧められ、
「絶対にしない」と言ったモノの。。。。
正三郎の部屋の物色をはじめた桜子は、トロフィーと写真集を見つける。
「もったいない」と正三郎の才能を憂う桜子だったが、
なぜか、“勝手に触るな”と言い残し、部屋を出て行ってしまうのだった。

一方、藤子(吉瀬美智子)は、土地と家が亡き母の名義だったことで、
相続が発生することを竹美たちに伝えていた。
だれかが、相続するか、、、もしくは、売ったお金を四分割。
藤子、桜子、うめは、戸惑いを見せるのだが、
竹美だけは、あっけらかんと。。。。。男限定の下宿!と言い放ち。。。。

そんな折、正三郎はクライアントの社長・滝本(山村紅葉)の批評が我慢ならず、
つい、暴言を吐いてしまうのだった。

同じ頃、藤子は、他の雑誌と同じ切り口の内容であると、
常務(山崎大輔)から付録の企画内容について指摘を受けていた。
偶然を訴えても認めてもらえず、その部署を訪ねた藤子は驚きをみせる。
そこにいたのは、元上司で藤子がつき合ったことのある秋元(石黒賢)!?


やがて花火大会が開かれると言うことで、
藤子は、、、、
桜子は正三郎。うめは憧れの吉安(勝信)たちと。。。。。
それぞれ約束をする。
そして竹美は、子供たちを連れ山根の家へと向かう。

が、そのとき、竹美のもとに。。。。

敬称略



う~~~んん。。。。

なんていうか、ここに来て、
登場人物の多さが、物語の崩壊を微妙に招いていますね。


今回の基本の部分は、きっと。。。

竹美を中心にした、ゴタゴタなのだ。
竹美、桜子、山根。。。そして正三郎

4人の微妙な“四角関係”という感じである。

たしかに、それぞれの思いと
緊張感などが、ホントに良く魅せてきていると思うのです。


それは、間違いない事実。

その部分のドラマは、結構楽しめているんですよね。


ここで問題なのは、
中途半端に藤子、うめ。。それぞれのことを混ぜてきた来たこと。

ホント中途半端だよね。

一応、“恋バナ”という括りで見れば、まとまっているのだ。

でもかなり、大雑把な括りですよね。

確かに、
四姉妹のことをほぼ並列で描いていますし。
メインは竹美なので、竹美をシッカリ描いている。

だからといって、
ここまで中途半端に混ぜてしまうと、
ドラマの流れを、明らかに阻害してしまっています。

これがまた、竹美&桜子に、ほぼ無関係ですから!


原作がどうかは知りませんが、
今回くらい竹美&桜子を強調して描くならば、
藤子&うめは、
2人の物語を視聴者とともに見ている“狂言回し”で良かったんじゃ?

そうすれば、もっと盛り上げることが出来たような気がします。

序盤では、そんな感じでしたよね...今作って。


どのような大人の事情があるのか分かりませんし、
今回の藤子&うめの部分が、今後に、どのように関わってくるかも分かりません。

そのため、これが無駄にならなければ、
これはこれで良かったとは思いますが。。。

今回だけ見れば、入れない方が良かったでしょうね。


決して悪くないのに、散漫に見えてしまっています。

やはり、
主人公でなくても、ほぼ並列で描いていると感じているからこそ、
詳細に描かなくても、気になるモノですから。

楽天ブログ
第5話 

これまでの感想
第4話 第3話 第2話 第1話 
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「華和家の四姉妹」 Vol.5裏切りの一夜

 【漫画】華和家の四姉妹 (1-5巻 全巻)【smtb-u】05P24Jun11価格:2,780円(税込、送料込)  華和家の四姉妹公式HP 第5回「裏切りの一夜」 【あらすじ】 竹美 (観月ありさ) は、元夫・山根 (田中哲司) から復縁を迫られ言葉を濁すが、生活の中で山根との将...
[続きを読む]

Refreshing-wind-blows※別館※ | 2011年08月09日(Tue) 23:44


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。