レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ 第二十七回

『秀勝の遺言』

内容
女の子を出産した江(上野樹里)
喜びもつかの間、夫・秀勝(AKIRA)の死の報を受ける。
北政所(大竹しのぶ)に、“完・さだ”と名付けられても、
笑顔となることも出来ず、我が子を素直に抱けぬ日々が続いていた。
“抱けぬ。秀勝様と2人で抱きたかった”と。。。

弟・秀勝の死に兄・秀次(北村有起哉)もまた、
秀吉(岸谷五朗)への恨みを江に告げていた。。。。。。“許さぬ”と。

同じ頃、江戸では秀忠(向井理)も苦戦を聞き、秀吉の行為をあざ笑っていたが
秀勝の死を知り、少なからずショックを受けていた。

そんな折、初(水川あさみ)が江のもとを訪れる。

敬称略


なんか見ていると。

全く存在しないわけでは無いが、秀吉&茶々のような丁寧さが皆無で、
秀勝への愛情表現が、ほとんど存在しない“今作”の江。。。ですので。

秀勝が嫌いだから、子を抱けないのでは?
もしかしたら、実は、、、手込めに。。。以下自粛。。。

そんな印象を受けてしまったのは言うまでもありません。


本来は、鶴松の死からの流れで、この出産と、秀勝の死を丁寧に描いていれば
ここまでの歪みすぎている印象にはならなかっただろうが、

思い出せば、、、、ココ数回で一番印象が強いのは
利休の切腹のことで奔走する江。。。と言うエピソードだ


そう。
今作は、盛り上げる部分を間違っているのだ。

もうブレテいるという印象では無い、間違っていると断言しても良いだろう



で。
そんな散々な描き方で、前回は、なんとなくホームドラマ。
今回は、初だけでなく、龍子、ガラシャ。。。。と

いろいろと女性陣を混ぜ込もうとするのだが、
違和感が邪魔をしてしまい、どうにもならない。

江「敬うことが出来る夫がいる、それがうらやましい」
そんなコトいまさら言われても、

先に書いたように、秀勝との違和感があるため

江。。。なぜ、そう言うコトが言えるんだ?。。。。そんな感じ。


正直すでに、そんな状態なのに
この期に及んで、忠興のことを描き、ガラシャを描く。
そのうえキリシタンのことが、どうのこうのと。。。。そんなことまで描く。

それ、必要か????????

ガラシャ「おのれの強さを信じる」

意味分からん!!!



ホント究極的に意味が分からないのは、
そんな“赤の他人”とのやりとりを描くくらいならば、

ドラマなのだから、茶々、、、淀殿を登場させるだけで十分!!!

どっかにいるなんていう、初のファンタジーなんて、どうだって良い!!!

それなのに、
淀登場後も、、、“自分もひとりで苦しんだ”という言葉を淀に話をさせ、
“江ひとりの闘い”という単語で、誤魔化すな!!

“そなたたちがいくら慰めてくれても”。。。。って、慰めたのか江、初???


希望だとか、強さだとか、闘いだとか。。。。セリフ先行で、

それで、
心配して慰めていると言われても、意味不明である。

そのうえ、、、遺言!?

それもまた、、セリフ先行で作りすぎの印象だ。

ドラマを魅せて欲しい。俳優の演技を魅せて欲しい。
実際、江の行動も、ただ涙をこぼしているだけだし。

手、指先、視線。。。。

一挙手一投足。。。すべてが演技。。。登場人物の心でしょ?

顔だけのアップなんて、どうでも良いから!!!



それにしても、なぜもっと、
江&秀勝のやりとりを、丁寧に描かなかったんだ??

そうすれば、ここまでの印象にはならなかっただろうに



次回アタリから、
今作のやり方からすれば、戦いを描き、江を政治に無理矢理絡ませながら、
秀吉、淀、、、そして秀頼。
その流れから、秀次でも、江のドラマにはあり得ないほど丁寧に描くのだろうが、

もう主人公の江だけで良いですから!!!



ってか、30分過ぎに、もう立ち直っている江。
すでに政治に。。。。。クビ突っ込んでるし。

くだらぬ物語、演出も始まっているし。

やっぱ、秀勝、、、どうでも良かったんじゃ?


楽天ブログ
第二十七回 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

江「秀勝の遺言」

 江の育児放棄。  龍子とのコミカルなやり取りとかまじえつつ、決めはやっぱり茶々。  そこまでたっぷり時間を使ってメソメソやらせているから意外にまとまったドラマになっている。  秀勝が遺したもの、という結論はちょっとありきたりだったような気もするが。  
[続きを読む]

blog mr | 2011年07月21日(Thu) 07:23


江 姫たちの戦国第26話(7.17)

夫豊臣秀勝@AKIRAが他界、江@上野樹里が悲嘆に暮れ、 淀@宮沢りえが男児拾を出産したという話 江が秀勝を戦に行かせてしまったことを悔やみ、 豊臣秀吉@岸谷五朗に戦をやめるよう訴えたトコがよかった 平和を愛し戦を憎む主人公らしさが出ていた。 しかし、江が秀勝の...
[続きを読む]

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) | 2011年07月18日(Mon) 19:53


残された江 ~江・秀勝の遺言~

朝鮮に渡った秀勝は、風土病で客死。 その悲しみからいまだに抜け出ず、娘の完も手に取ることができない江。 『強く握ったりすれば全身が崩れる。』赤ん坊。 やはり母が拒否するのはわかるものなのだろうか...
[続きを読む]

早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 | 2011年07月18日(Mon) 01:38


大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.27秀勝の遺言

【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第27回「秀勝の遺言」 【あらすじ】 江(上野樹里)は初めての子・完を産むも、夫・秀勝(AKIRA)を
[続きを読む]

Refreshing-wind-blows※別館※ | 2011年07月17日(Sun) 22:31


〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第27回「秀勝の遺言」 江の育児放棄より利家は何処行った

このドラマは 「江~姫たちの戦国~」 であるので、 江目線であるのは仕方ないにしても、 本日は江の育児放棄問題のみに終始し 歴史はビタ一瞬たりとも進まなかった。 今更ながら言わせてもらうと 「~姫たちの戦国~」 て言うけど、もう安土桃山時代だし、 後...
[続きを読む]

こちら、きっどさん行政書士事務所です! | 2011年07月17日(Sun) 21:35


〔NHK大河ドラマ〕江~姫たちの戦国~ 第27回「秀勝の遺言」 江の育児放棄より利家は何処行った?

このドラマは 「江~姫たちの戦国~」 であるので、 江目線であるのは仕方ないにしても、 本日は江の育児放棄問題のみに終始し 歴史はビタ一瞬たりとも進まなかった。 今更ながら言わせてもらうと 「~姫たちの戦国~」 て言うけど、もう安土桃山時代だし、 後半は確実に...
[続きを読む]

しっとう?岩田亜矢那 | 2011年07月17日(Sun) 21:34


『江~姫たちの戦国~』第27回「秀勝の遺言」

文禄元年冬。秀勝が亡くなった冬。 子には完(さだ)との名をつけた北政所。 秀勝の子を抱き喜ぶ秀次。。 詫びる北政所。 詫びるべきは秀勝を戦に借り出した叔父上本人ではないか! わしは弟が大好きであ...
[続きを読む]

strの気になるコト~ドラマ | 2011年07月17日(Sun) 21:00


大河ドラマ 「江」 #27 秀勝の遺言

朝鮮の地で命を落とした秀勝…。 完の生まれたばかりの江。 関白秀次にとっても秀勝の死は大きい…。
[続きを読む]

雨ニモマケズ 風ニモマケズ | 2011年07月17日(Sun) 20:51


大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆27初、龍子、ガラシャ、淀の励ましよりも秀勝と共に生きた証しで江は立ち直った

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第27話は秀勝の死にショックを受けた江は完を出産したものの、完を抱く事もできないほど落ち込んでいた。間もなく初が励ましに来るが全く効果 ...
[続きを読む]

オールマイティにコメンテート | 2011年07月17日(Sun) 20:49


【江~姫たちの戦国~】第二十七回

江(上野樹里)は、初めての子・完を産むも、夫・秀勝(AKIRA)を失った悲しみから 抜け出せず、わが子を抱くことすら出来ないでいた。 姉・初(水川あさみ)が訪れ、江を立ち直らせようと奮闘するが、江...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年07月17日(Sun) 19:39


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。