レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青の祓魔師 第十四話 愉しいキャンプ

『愉しいキャンプ』

内容
一学期も終了。
学園の多くの普通の生徒たちが里帰りする中、
燐たち祓魔師候補生らは林間合宿と称した実戦訓練をすることに。
引率は、雪男とシュラ。

森の到着後、拠点作りを始める一同。
男子は、テント設営と火起こし。女子は、魔法円の作画と食事作り。

日が暮れ。。。雪男から訓練内容の説明がなされる。
拠点から半径500メートル以内に設置されている提灯に火をつけること。
3つの提灯に火をつけ、持ち帰ってきた者に実践任務への参加資格が与えられる。
そう。燐、勝呂、三輪、志摩、しえみ、出雲、そして宝の7人で
3つしか参加枠が無かった。

森に散り始める7人。
燐は、シュラから炎を使うなと注意を受けるのだが、
しえみが、下級悪魔の蛾に囲まれてしまっているところを、
救出のため、、、つい炎を出してしまうのだった。

が。。。青い炎を出してしまったため
偶然とはいえ、勝呂が現れ、、、バレテはいなかったが。。。。

そんな折、三輪から、提灯を見つけたと言う知らせを受ける。
1人で運ぶことが出来ない。。。。巨大な提灯。。。化灯籠だった!!
協力しなければクリア出来ない訓練だったのだ。

燐、勝呂、三輪、志摩。。。そして、しえみの5人で、
協力して提灯運びを始め。。。。。。。。




あれ????前後編!?

だよね。
いままでとは違い、丁寧さを感じるとともに、展開が遅いと感じていましたから。


とりあえず。実践任務の前の訓練!

そんなお話である。


正直、今までのお話と比べれば、
訓練と言う事ではあるが、チーム戦の面白さがシッカリ表現されているし

結果的に、次回へ。。。。ではあるが、
それでも良い感じの楽しさはあったと思います。

それぞれのキャラも分かりやすいのも良い部分ですしね。

あとはまあ。
次回。どのようにまとめてくるか?でしょうね。

違うか。。。バレタことを踏まえて
それぞれの行動、感情などを、どこまで描いてくるか?でしょうか。


オリジナルで良いから、
今回のような『訓練』を、もっと魅せてくれていれば
もっと楽しめているでしょうが。。。。ネタフリ。。長かったもんなぁ。。。
いくらアレコレ描かなくちゃならないと言っても。


楽天ブログ
第十四話 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。