レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも、生きてゆく 第2話 想い、断たれて…

『想い、断たれて…』

内容
父・達彦(柄本明)の葬儀を終えた洋貴(瑛太)は、
目の前に三崎文哉(風間俊介)を見つけ、
次の瞬間、洋貴はナイフを握りしめ、走り出していた。
しかし、背後から、、、あの女性(満島ひかり)が、、、、“逃げて!!”
女の抵抗を受けたこともあり、洋貴は文哉を見失ってしまうのだった。
そして女は告白する。文哉の妹・双葉であると。。。。。

思わぬ事に動揺するが、双葉に文哉の居場所を問う洋貴。
すると知らないという双葉に対し、なぜ探さなかったかと、問い詰めるのだった。
「あいつはまた、人を殺すかもしれないのに」
そして本気で殺すつもりだったと告げる洋貴に、双葉は何も言い返せなかった。
「あなたは僕の敵ですから!」
と言い残し、双葉が渡そうとした連絡先のメモを受け取らず、去って行く洋貴。

そんななか、執拗な嫌がらせから逃げるため、双葉たちは引っ越しをする。
母・隆美(風吹ジュン)の兄・遠山悟志(山田明郷)を頼って。
その直後、警官がやって来て、
双葉、隆美、そして父・駿輔(時任三郎)は動揺する。
付近では小学生の女のコが行方不明になっていたのだ。
それは、かつての事件を思い起こさせた。

一方、洋貴は、弟・耕平(田中圭)に、文哉と会ったことを告げていた。
すると義父・日垣誠次(段田安則)の誘いもあり、
妻・由佳(村川絵梨)の手料理をと兄・洋貴に伝えていた耕平は、
動揺しながらも、同居する母・響子(大竹しのぶ)には伝えないよう注意する。
が、、、日垣家に招かれた洋貴は、父・達彦を許していない響子に対し、
「あいつは生きてるんだよ」と口走り、食事会は気まずい雰囲気になってしまう。
そんな様子に、日垣は「お父さんのために楽しく」と諭そうとするが、

洋貴「父は、そんなコト望んでませんでした」
と告げ、、、、洋貴は、日垣家を後にするのだった。
そのとき、車の中に、双葉のメモを見つける。。。。。


翌朝。「ふかみ」を双葉が訪れる。
文哉からの連絡があったかどうかを問う洋貴に、無かったと応える双葉。
すると双葉は新聞を取り出す。
そこには双葉が住む付近の野田凛花という少女の行方不明事件の記事が!
つづけて話す双葉の言葉に、洋貴は動揺する。
掲載されている防犯カメラ映像が、文哉に似ているという。
もしもを考え、ふたりは三日月山の湖を目指すことになり。。。。。

その途中、洋貴は、事件について、双葉に聞いてみるのだった。

敬称略


うちにはクリスマスなんて、無かったです!
クリスマスだけじゃない。正月も雛祭りも七夕も誕生日もありませんでした。
15年間ずっと、ありませんでした。
でしょうね。
やられた方は、忘れられないけど
やった方は、忘れるんですよね!!
そしたら、あんたも同じ目に遭わせてやろうか?
亜季と同じ目に遭わせてやろうか?
じゃなきゃ、分かんないんだろ?


どうぞ、いいですよ。
分かってます。
ウチの家族全員分かってます
日本中から言われてましたから
犯人の家族は、死んで謝れって
償って、一家心中しろって言われてましたから
死にたいって思ったことは無いけど
生きたいって思ったことも無いし
妹とかにも言われるんですよ
おねえちゃん、自分で、人生選んでないって。
でも私、全然そんなコト無いんです
自分で選んだ結果が、こう言う感じなんです
後悔なんかしてません
こういう人間の、こういう人生なんです
どうぞ。平気ですよ
あなたに殺されたなんて言わないから。



前回ラストで、お互いのことを知った洋貴と双葉

今回は、もう1歩進めて、

事件が引き起こしてしまった心の闇。。。とでも言えば良いだろうか。

距離が急速に縮まったわけでは無いが、
心の中をさらけ出した感じですね。

微妙に変化も訪れましたし。

もちろん、瑛太さん、満島ひかりさん
2人の演技が、いっそう事態の重さを深めているのは言うまでもありません。


そう。。。
正直、2人のぶつかり合い、、いや、やりとりだけで、
ドラマを十分に堪能出来ているのです。

それに文哉。。。。いや、、健二か。。。
この部分と、2人と対比しているのは理解しているし、
恋バナ1つ取っても、悪いとは思いません。

家族それぞれの複雑な想いも、良かったと思います。





楽天ブログ
第2話 


これまでの感想

第1話 


TB出来ない場合は以下へお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/9786c1547d11439a2ad608180a46414a




関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それでも、生きてゆく【第2回】フジ木10

想い、絶たれて…  「なに言ってんの。あんたなに言ってんのぉぉぉっ!!!クリスマス楽しかったですかっ!!!クリスマスケーキおいしかったですかっ!!!あんたたち、あの年家族でクリスマスケーキ買いに行ったでしょ。家にはクリスマスなんてなかったですっ!!!ク...
[続きを読む]

だらだらぐーたらぐだぐだ日記 | 2011年07月16日(Sat) 06:36


それでも、生きてゆく  #2

やっぱり、見ていてちょっと苦しくなっちゃうね(^_^;) 歩道橋の上に少年A・三崎文哉を見つけて走った洋貴だったが、 双葉が叫んで文哉を逃がした。 双葉は洋貴に自分が少年Aの妹だと名乗る。 8歳の女...
[続きを読む]

よくばりアンテナ | 2011年07月15日(Fri) 22:38


「それでも、生きてゆく」第2話 

「それでも、生きてゆく」第2話、この救いようのなさに引き付けられるのはなぜ? 満島ひかりさん、病的なまでに薄幸の影を背負って、でもけっこう大胆で図太いというのか、 口紅もつけないストイックさ...
[続きを読む]

今日も何かあたらしいドラマ | 2011年07月15日(Fri) 14:22


【それでも、生きてゆく】第2話

みんな、お兄ちゃんの帰りを待ってますよ。 お兄ちゃんが「ただいま」って言って帰ってくるのを心待ちにしています。 何にも心配なんかしなくていいから、真っすぐおうちに帰ってきてください。 待ってる...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年07月15日(Fri) 00:00


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。