FC2ブログ
 

レベル999のFC2部屋

マルモのおきて 第9話 オレ、薫に手上げちゃった

『オレ、薫に手上げちゃった

内容
今度の週末、美味しいモノでも食べに行こう!
ボーナスが出る護(阿部サダヲ)は、薫(芦田愛菜)友樹(鈴木福)に提案。
2人に服も買ってあげようと思っていた。
そのことで、同僚たちに相談する護。

そのころ彩(比嘉愛未)に元夫の富沢達也(田中幸太朗)から電話が入っていた。
再婚するのだという。

一方、学校帰りに友達のところへ遊びに行った薫。
雨上がりの水溜まりで遊びながら歩いていた。
その姿を偶然、、“母”のあゆみ(鶴田真由)が見かけ。。。。

護が帰宅した夕方。。。まだ、薫は帰っていなかった。
心配する護と友樹は、遊びに行ったまなみ(本田望結)の家に行くが、
すでに帰っているという。
大慌てで薫を捜し回る護と友樹。。途中、薫の傘を見つけてしまう。
その後、千葉巡査に伝え、目撃したという運河沿いへ。。。でもいない。
ハンカチが1枚運河に浮いていた。。。。

護“薫!!薫!!!”

そこに、護の携帯が鳴り響く。
あゆみに連れられ、家に帰っていた。
びしょ濡れになったのが放っておけなかったというあゆみに対し、
“帰ってください。余計なコトしないで下さい!”
と怒鳴りつけてしまう護。


薫『なんでおばちゃんに怒るの?
護『あのおばさんには会うな!
つい護は、薫に手を出してしまうのだった。

部屋を飛びだしていった薫。。。。そして友樹も彩の部屋へ。。

手を出したことだけでなく、あゆみのことを伝えるべきかどうかで悩む護。
一方で、
彩から“自分を本気で叱ってくれる人って、なかなかいない。”と言われても
どうしても納得出来ない薫。

何とか2人を仲直りさせようと友樹は奮闘するが。。。。。


敬称略


お話としては、

双子の“実母”が登場した、第7話のつづき。。。。である。

1話挟んでしまっているため、妙に違和感を覚えてしまうのがマイナスではある。

そのうえ、
微妙に“焼き直し”に見えてしまうのもマイナス。

そう、明らかに“連ドラ”としてみた場合の“マイナス点”は存在する。

だが、

それでも、大雑把に見れば、
“親”として奮闘する護の姿を基本にしながら、
突きつけられた“真実”との葛藤。。。。

そんな苦しむ護の姿は、、かなり丁寧に表現された感じである。

いや、、、どちらかといえば、
阿部サダヲさん、芦田愛菜さんの“力”を借りて、

“もう1話作っちゃえ!!!”って感じなんですけどね(笑)


同僚に相談したり、マスターに相談したりと
かなりのベタ展開。

最終的に、金メダルもらっちゃったりして。。。。

“今日なんの日か知ってる?父の日だよ”
“ママの日も、パパの日も、いつもマルモの日!”

ほんと、良い子たちである。

“好き好き大好き、ぺこりんこビーム!”

楽しい一家ですね。


子どもの気持ち、親の気持ち、シッカリ表現され、
かなり良いお話だったと思います。

まさか、彩から。。。。マスターに。。。

これも元旦那が登場しているから、okでしょう。

“何がダメだったか分かった気がする”

なるほど。
良いフィードバックですね。

“心が繋がってる気がした。なんか良いなって。
 いつかあんな家族が作れたら良いな”



ドラマとして、最高潮の今回なのだが、

1つだけ、、、どうしても。。。ヒトコト。
“発覚”はさておき。

個人的には、もう少しムックを絡めて欲しかったんですけどね!!

喋る犬も家族だよね?
まあ。。いなくても良い存在なのだが、
混ぜちゃってるなら、混ぜて欲しい!!

贅沢すぎるかな。。。


これまでの感想
第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話


TB出来ない場合は以下へお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/970790b768facda65f696b89443ebd1c




楽天ブログ
第9話 
関連記事
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック