レベル999のFC2部屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江~姫たちの戦国~ 第二十一回 豊臣の妻

『豊臣の妻』

内容
秀吉(岸谷五朗)は、
帝の聚楽第への行幸計画を三成(萩原聖人)に打ち明けていた。

その知らせを聞いた江(上野樹里)は、不審に思うが。。。。
矢先、姉・茶々(宮沢りえ)から、思わぬ告白を受けることに。
両親の仇である秀吉と結ばれた。...と。
ただただショックを受けるだけの江。

一方で、秀吉は、北政所(大竹しのぶ)に注意を受けながらも、
家康(北大路欣也)利休(石坂浩二)に、茶々とのことを自慢気に話していた。
が。。。そんな浮かれ気味の秀吉に、ふたりは江の名を出し。。。。。

やがて茶々に会いにやって来た秀吉に、敵意をむき出しにする江。
が!
“やはり”茶々は、江ではなく秀吉の味方になり、ショックを受けるばかり。

“断じて許さぬ!!!”

そんな折、秀勝(AKIRA)が現れ、
“ホントは許したいのだろう”と言われるが、心穏やかではない江。


すると、、、茶々から文を貰ったという初(水川あさみ)が現れ、
“男と女は解せぬもの、何があってもおかしゅうはない”
と江に注意した上で、姉妹の溝を埋めようとするが。。。。

茶々から、新たな告白が!!!
“ややがおるんじゃ”


敬称略


当然、今回の感想もダラダラと、、まとまりもなく書いています。



男と女は解せぬもの、何があってもおかしゅうはない


↑なんか、もの凄い説得、、、だよね。

いや、説得力があるような。..無いような。。。。


そこは良いのだが。

今回は、

大雑把に言えば、前回まで秀吉&茶々の恋バナを描いてきたので

じゃ。。。それが、江に発覚したら?


ま。。。そんなところだ。


正直、以前よりも、江の印象が微妙に違うなぁ。。。。と感じていたら、

そっか。。
江は、、だいたい15歳くらい。

そう。
ここをきっと1つの転機にして、演出が微妙に変わっているのだろうね。

だから

“ただただ、うるさく騒いでいるだけ”

の耳障りな状態から、

“うるささが少し抑えられ、セリフが多くなっている”

それも、、、他の登場人物とのセリフの掛け合いが出来ている感じ。

言ってみれば、“会話が成立している”ということだ。



そんなコトを感じながらも、

そらそうだよなぁ。。。。もうそろそろ“折り返し”なのだから。

年齢がどうかよりも
そう言った年齢の物語を無理矢理描いていることが間違っているわけで。

ドラマとして、
ほんとに、そろそろ成立している印象にならないと

本格的に、総スカンを食らってしまっているところだ。

あ。。。いまでも、近いモノ有りますけどね(苦笑)


でも、こういった“転機”がなければ、
“これから”を観る事なんて、出来るわけがないわけで。


ハッキリ言えば、遅すぎ!!構成ミスと言えるでしょう



ここからは、超愚痴。


あくまでも、私の“想定”ですが。
私の中じゃ、
茶々と秀吉のことは、第1クールに終わっていると想定していたので

バカじゃないか?

そんなコトを思いながら、ずっと視聴していました。

だって、
冷静に見れば分かりますが。

“ここまでの時間”よりも“これからの時間”の方が長いのだ。

それを、
のらりくらりと、お馬鹿演出で、時間稼ぎをして
視聴者に不快感を与えてきた。

たとえ、一部に好感が持てる部分があったところで、そんなモノ意味なんて無く。

また、スタッフが、“年齢のいっている俳優”を無理に使い
“イイワケ三昧”を繰り返したところで、

オモシロ味が無ければ、意味なんて無いのだ。


だから私は、初めの想定で思っていたのである。

第1クールで、ココまでくれば。。。。もしかしたら、
たとえ、二十歳過ぎの俳優が、年端もいかぬ少女を演じていても
無理が通って、道理がついてくるのでは???と

が。。今作は、自ら、、泥沼を突き進んでいった。

修正をすれば良いのに、修正もせず。
真綿で首を絞める。。。。よりも、、、酷い状態で。



結局、今回だけを見れば

ココ数回との“繋がり”から考えれば、悪くは無いと思いますが

すでに、江に関して好感を持っていないので、
“仇”だといって反対していることも、バカバカしく感じている状態。

完全に、“連ドラ”、、、所以。。。である。


以前の状態があって、今の状態があるのが“連ドラ”

これは、“歴史”も同じコト。

前後の整合性などがシックリ来ないのに、
納得しろというのが、無茶なお話だ。


あ。。。。もうやめとこ。
止まらないから。


今回を最後に

次回からは、本格的に、頭をリセットして視聴することにします



最後ヒトコトだけ。

いつもなら再構成しますが、今回はダラダラしたままにしておきます。


これまでの感想
第二十回 第十九回 第十八回 第十七回 第十六回 
第十五回 第十四回 第十三回 第十二回 第十一回 
第十回 第九回 第八回 第七回 第六回 
第五回 第四回 第三回 第二回 第一回 



TB出来ない場合は以下へお願いします。


http://blog.goo.ne.jp/maxexp99/e/5556112dcee2eb1cd2a9244b97567aa4




楽天ブログ
第二十一回 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

江「豊臣の嫁」

 今頃だけど、上野樹里の声ってキレいだよね。ハリもあるし。まあ、怒鴫ってることが多いけど。  話のキモは、江と茶々の対立と和解、なんだろうが、残念ながら芝居としてはおね、というか大竹しのぶに持ってかれてしまった感あり。茶々が側室になったことを秀吉に言わ...
[続きを読む]

blog mr | 2011年06月10日(Fri) 07:16


大河ドラマ「江」/姫たちの戦国 Vol.21豊臣の妻

【送料無料】歴史街道 2011年 02月号 [雑誌]価格:630円(税込、送料別) ↑ 内容は歴史街道 HP 江 公式HP 江 公式HP(大津放送局版) 第21回「豊臣の妻」 【あらすじ】 江(上野樹里)は、茶々(宮沢りえ)が秀吉(岸谷五朗)と結ばれた
[続きを読む]

Refreshing-wind-blows※別館※ | 2011年06月08日(Wed) 13:50


江 姫たちの戦国第21話(6.5)

茶々@宮沢りえが豊臣秀吉@岸谷五朗と結ばれ懐妊、 江@上野樹里が苛立ちを感じたという話 今回が今までで一番良かったと思った 秀吉の愛を受け入れ、懐妊した茶々、 茶々が両親の仇である秀吉の側室となったことが許せない江、 茶々と江の衝突を心配する初@水川あさみ
[続きを読む]

まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) | 2011年06月06日(Mon) 22:54


大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第21回...

携帯から簡易感想ですあらすじは公式サイトから江(上野樹里)は、茶々(宮沢りえ)が秀吉(岸谷五朗)と結ばれたことを知り、ショックを受ける。一方、浮かれ気分の秀吉は、帝を聚楽第に招...
[続きを読む]

徒然”腐”日記 | 2011年06月06日(Mon) 15:36


「江~姫たちの戦国~」第二十一回 側室をぴしっと締める大竹しのぶさん

十人以上も側室がいる秀吉=岸谷五朗さんなのに、新参者の茶々=宮沢りえさんだけが懐妊とは。 この時代の人は、それを不自然な妊娠とは露ほども思わないのか、納得いかないけど。 さすがの賢夫人・北政...
[続きを読む]

今日も何かあたらしいドラマ | 2011年06月06日(Mon) 13:19


江 ~姫たちの戦国~ 第二十一話 豊臣の妻

江の言うとおり許されてはいない! 前回までが茶々(宮沢りえ)と秀吉(岸谷五郎)の恋が成就するまでの話。今日はその余波の話です。秀吉は家康(北大路欣也)や利休(石坂浩二 ...
[続きを読む]

V36スカイラインクーペが欲しい! | 2011年06月05日(Sun) 22:54


★「江#21」江。。茶々をシカトする。。

秀吉と茶々が結ばれて。。江がそのことを知らされ 茶々を無視する~が最後は仲直り。。の巻。。 第21回「豊臣の妻」 『江~姫たちの戦国~』公式ページ 江(上野樹里) 茶々(宮沢りえ)...
[続きを読む]

ふわゆらどらぶろ | 2011年06月05日(Sun) 21:16


江~姫たちの戦国~ 第21回 「豊臣の妻」

新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 上 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 中 新装版 江(ごう) 姫たちの戦国 下 あらすじ 江(上野樹里)は、茶々(宮沢りえ)と秀吉(岸谷五朗)が結ばれたことを知り...
[続きを読む]

青いblog | 2011年06月05日(Sun) 20:58


『江~姫たちの戦国~』第21回「豊臣の妻」

天正十六年が明けて間もなく。。 秀吉は帝と、その御一行を聚楽第にお招きすると。 道筋では音曲を奏でさせ。。 秀吉の後陽成天皇聚楽第行幸計画。 それより姉上のお輿入れじゃ。と江。 だが茶々は人払...
[続きを読む]

strの気になるコト~ドラマ | 2011年06月05日(Sun) 20:50


大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」三姉妹の絆21茶々懐妊!それを知った江は頑固受け入れずだったが初と北政所の説得で渋々受け入れるのだった

大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第21話は茶々はついに秀吉の妻になる事を決意した。それを知った江はあまりのショックに怒り心頭でとても受け入れられない。そんな中で江は秀 ...
[続きを読む]

オールマイティにコメンテート | 2011年06月05日(Sun) 19:57


【江~姫たちの戦国~】第二十一回

江(上野樹里)は、茶々(宮沢りえ)と秀吉(岸谷五朗)が結ばれたことを知り ショックを受け、茶々を避ける日々が続く。 初(水川あさみ)が仲裁にやってくるが、江の心はかたくなだった。 さらに茶々と...
[続きを読む]

ドラマ@見取り八段・実0段 | 2011年06月05日(Sun) 19:16


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。